トップニュース

日本、合同訓練でオーストラリア軍死刑免除

日本政府が死刑問題で両国間の防衛協力協定の交渉が膠着状態に陥った後、国内合同訓練中犯した犯罪に対してオーストラリア軍の死刑免除を検討している政府筋が土曜日た。

消息筋によると、1985年死刑を廃止したオーストラリアは、日本で犯した犯罪に対して国防軍が死刑を宣告されることができるという点を懸念してきた。

日本、米国、フランス、オーストラリア軍が2021年5月11日長崎県の地上自衛隊子供ノーとキャンプでの合同訓練の開会式に出席した。 (写真提供:国防省)(教徒)

東京とキャンベラは合同訓練など作戦を実行する場合にのみ付帯管轄権を維持するように調整している。

アムネスティによると、2020年末現在、108カ国がすべての犯罪に対して死刑を不法化したのに対し、全世界の国の3分の2以上の144カ国が法律や慣行で死刑を廃止した。 日本とアメリカでは死刑を維持する国の一つです。

昨年、日本とオーストラリアは、日本の自衛隊とオーストラリア軍が合同訓練と災害救助任務のために、お互いの国に滞在する行政手続きを簡素化する相互アクセス協定(Reciprocal Access Agreement)に原則的に合意した。 また、訪問部隊が犯した犯罪に対する法的管轄権を決定します。

両国が合意に早ければ来年の通常国会で協定が日本の国会に上程されることができる。

日本は中国の域内海洋主張に基づいて4各枠組みの下、米国、インド、オーストラリアとの防衛協力を強化してきた。

東京とキャンベラは2014年に合意の議論を開始することで合意しました。 昨年11月に菅義偉日本の首相とスコット・モリソンオーストラリア首相が、原則的に合意した。

日本は今月、英国のよう協定を結ぶための交渉を開始した。

READ  政府が大規模なイベント制限もルブワンカップ決勝は予定通り2万6000人動員で開催(秒WORLDサッカー!) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close