日本、商用光ファイバで402Tb/sの驚異的なデータ転送速度を達成 – 未使用波長帯域活用で記録的な性能を達成

1 min read

日本のNational Institute of Information and Communications Technologyは、他の研究所と協力して、市販の光ファイバケーブルを介して402 Tb / sのデータ転送記録を作成しました。 この成果を詳しく説明する論文が、サンディエゴで開かれたOptical Fiber Communication Conference 2024で発表されました。 この論文はまた、Aston Institute of Photonic TechnologiesとNokia Bell Labsがこの成果に貢献したと認めています。

NICTとパートナーは、この実験のために、50km(約31マイル)の光ファイバケーブルにわたって1,505チャンネルで信号を送信することができました。 6種類のアンプと未使用の37THz帯域幅を利用して、402Tb / sの伝送速度を実現する光利得イコライザーを使用しました。 これが実証されたアンプの1つは、CバンドまたはC + Lバンドシステムを使用するツリウムベースのドーピング光ファイバアンプです。 また、半導体光増幅器とラマンアンプを使用して、ほぼ20THzで256Tb/sのデータレートを達成しました。 この演習では、最大119 Tb / sのデータレートに対して25THzの累積帯域幅を提供する他のアンプも使用されました。

その結果、達成可能な最大結果は以前のデータレート容量を25%以上超え、送信帯域幅は35%増加しました。 これは現在、インターネットサービスプロバイダが使用している技術によって達成できます。 これは現在の技術のまだ開発されていない可能性を示していますが、研究結果は、現在の技術の寿命が潜在的に長くなるだけでなく、次世代の光ケーブルとシステムを介して光ファイバの配置を拡張することによる快適さを示しています。

(画像ソース:NICT)

このデモはまた、現在使用されている波長分割多重技術(WMD)がすべての主要な伝送を網羅し、探索されていない帯域を使用してこれらの速度を提供できることを示しています。

READ  イギリス、広帯域宇宙競争でElon Muskとの対決| 技術部門
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours