経済

日本、四半期ごとの粗鋼生産量の更なる増加の見込み

日本経済産業省(METI)は1~3月、日本の造鋼生産量が朝鮮及び機械を含む製造業回復に支えられ、前年同期比1.9%増加すると予想したと木曜日に明らかにした。 これは第4四半期連続増加を記録し、3月31日までの会計年度の年間生産量を9,707万トンで、COVID-19大流行で生産量が約50年ぶりに最低水準に落ちた1年前より17%増加した数値です。

METIは、前年同期の2,134万トンから3ヵ月間の造鋼生産量を2,415万トンと見積もりました。これは、チップや部品の不足で生産に当たった自動車部門の需要回復も反映しています。 トヨタや日産など日本の自動車メーカーは夏から生産量を減らした。

METIの金属産業部門の取締役であるDaisuke Matsuno氏は、「我々の予測は、自動車メーカーが最近数カ月間の損失を回復するために生産量を増やすという仮定に基づいている」と述べた。 彼は記者たちに「しかし、自動車生産量が計画どおり増加しなければ下方の危険がある」と話した。

トヨタは今週、サプライチェーンの問題、チップの不足、および感染症のため、1月に5つの国内工場で生産を中止すると発表しました。 造鋼生産量の着実な回復にもかかわらず、世界3位の生産企業の予想年間生産量はファンデミック以前のレベルである9,843万トンに達することはできません。

松野は「低速な自動車生産や鉄鋼生産能力の低下など複雑な理由による」と話した。 新日本製鉄は昨年初め、内需萎縮で生産能力を10%近く縮小し、熾烈なグローバル競争に対処するため、昨年初めに発表した構造調整計画の一環として、西日本のグレで高炉を閉鎖した。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  日本経済のために新鮮な解釈の最初の記事で、日本に拠点を置く有名なエコノミストスター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close