トップニュース

日本、固体電池の賞を注視し、グリーン技術の競争に突入

日本の議会は水曜日に菅義偉首相の2050年までに炭素中立化するという首相の公約に変わって二酸化炭素の排出後の世界では経済的地位を決定する技術の競争を開始しました。

このレースの最前線に固体電池があり、これは現在の電気自動車に使用されるリチウムイオン電池の安全な代替とみなされる技術です。 トヨタ自動車、パナソニック、出光鼻山関連の特許の分野で世界をリードしている日本は、この分野で首位を占める真の機会を持つようになりました。

日本、米国、欧州、中国が純炭素排出量ゼロを達成すると誓ったことにより、総投資額は世紀半ばまで78兆ドルに達すると予想されます。 日本は、固体電池と水素から技術の優位性を維持しながら、炭素保存の分野で競争相手を追いつくために努力します。

改正された気候変動対策法は、4月から施行される予定である。 ネットゼロの目標を体系化することにより、政府は、企業の長期的な投資を奨励しようとします。

電気自動車用リチウムイオン電池の市場は、中国のContemporary Amperex Technology Co. Limited(CATL)と大韓民国のLG化学が主導している。 しかし、ソリッドステートのバッテリーは、一回の充電でより長い距離を処理することができますので、期待される次世代の電源です。

トヨタは、2025年までにバッテリーが装着された電気自動車を発売する予定です。

再生可能エネルギーは、脱炭消化のもう一つの重要です。 2000年代にはSharp、Sanyo Electricのような日本企業が世界の太陽光パネル市場で冠を書いた。 しかし、コスト競争力のある中国の競合他社は、現在、全世界の出荷のほぼ80%を占めています。

今ToshibaとRicohは、日本の復帰を牽引することができる軽量フィルムのような代替的なペロブスカイト太陽電池パネルを開発しています。

水素は、鉄鋼のような炭素重工業の中核エネルギー源として浮上しています。 日本の3大鉄鋼メーカーが水素を使用する製造プロセスを共同研究している。

千葉県期みつにある日本製鉄東日本製鉄所に水素還元を利用した実験用高炉が建設されました。 目標は、2030年までの技術を商用化することです。 石炭から派生した燃料であるコークスの代わりに水素を使用して、炭素回収技術を組み合わせことによって、このプロセスは、二酸化炭素排出量を30%削減されます。

東京に拠点を置く調査会社であるAstamuseによると、水素関連の特許出願の場合、日本が2001年以来、全世界でリードを守っています。 NikkeiはAstamuseの株式を所有しています。 日本は2019年基準800以上の関連特許を保有しており、ドイツ、韓国、米国が続いでした。

炭素回収・貯留は、日本が温室効果ガスの排出を削減するために、また、他のトランプカードです。 この技術は、排出物から二酸化炭素を抽出し、副産物を地下空間に保存します。

米国は37個の炭素捕集施設を建設したり、計画段階では、この分野をリードしています。 日本は、はるかに遅れているが、J-PowerとToshibaは火力発電所の技術を開発しています。 日本は現在、6つの異なる場所で実証プロジェクトの本拠地です。

また、日本の自動車メーカーは、排気ガス低減に寄与したToyota Priusと同じハイブリッド車を開拓しました。 ハイブリッドは、近い将来にもまだ関連性があるのだが、このカテゴリには、欧州と中国でのEVの負傷に起因する圧力に直面しています。 ハイブリッド技術をリサイクルすることができる生態系を構築することは、競争上の優位性を維持するために不可欠です。

READ  平和を願う日本車名将の願い(1編):第2次世界大戦自殺任務の暗い過去に直面している

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close