日本、国内でMフォックスによる最初の死亡確認

Estimated read time 1 min read

厚生労働省は水曜日、埼玉県に居住していた30代の男性が国内初の死亡者で死亡したと明らかにした。

この男性はヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染して免疫力が低下したと保健省は明らかにしたが、去る5月世界保健機構(WHO)がエンポックス(mpox)の減少によりもはや国際的懸念の公衆衛生緊急事態ではないと宣言してから数ヶ月後、彼の死亡があったという。 新しい感染症例で。

保健福祉部と埼玉県によると、この男性は去る9月地域病院でMフォックス診断を受けて2ヶ月後に死亡したという。 海外旅行履歴はなかった。

日本で猿頭唱として知られる最初のMpox事例が昨年7月に確認され、保健部によると12月3日現在、日本内の確認事例は227件だ。

この病気は、高熱、頭痛、リンパ節浮腫を引き起こし、顔や体の他の部分に水ぶくれのように見えることがある発疹が現れます。

ほとんどの個人は2〜4週間で自然に回復しますが、子供、妊婦、免疫力が低下した人は特に症状がひどくなる危険があります。

国立感染症研究所(National Institute of Infectious Diseases)によると、2022年1月から今年9月まで、世界的に9万件以上の事例と157人の死者が報告されており、アジアでは去る3月から既知の感染が増加しました。

READ  緑色発光ダイオード照射がヒト脂肪由来間葉系細胞で産生された肝細胞様細胞の肝分化に及ぼす影響
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours