トップニュース

日本、国民の情熱、野球金メダル獲得

YOKOHAMA、Japan – 日本の遊撃手Hayato Sakamotoは決勝進出のために2塁に足を踏み出した後、新しい感覚に包まれました。 長い間、日本は愛されているスポーツでオリンピックの栄光を達成したことがありませんでした。

土曜日横浜球場で開かれた金決定戦に先立って坂本(32)は、多くのプレッシャーを感じたと認めた。 そして最後の試合を控えて多く緊張したと述べた。 だから、米国を2-0で下し決勝進出を決めた坂本は、むっくり起きて両腕を空中に突き出す入れた。

彼は通訳を介して「とても安堵した」と述べた。

野球が最後のオリンピックだった2008年の北京では、日本がメダルさえ取れなかった。 野球は開催国の熱烈なスポーツ愛のために、一時的にのみ再開されました。 ついに1位を占めた日本野球代表チームは、コロナウイルス感染症で、1年延期されたが、緊急事態の中でも、この夏に開催された挑戦的異例東京オリンピックの象徴的な瞬間を間違いなく伝えました。

2008年代表の元選手だった稲葉アーツのり(49)、日本の監督は、「今回のオリンピックは、私たちが開催国であり、北京オリンピックの不満を抱いているので、本当に特別です。 「選手たちはすべての金メダルを懇願した。」

日本は1996年に銀メダルを獲得することに決定した直前に一度近づいていきました。 1992年と2004年に銅メダルを獲得しました。 1992年夏季五輪で初めて正式種目に採択された後、6番目に五輪野球大会に参加し、1位の日本が別の野球大国を抜いて上に上がりました。

稲葉は今回の勝利で、日本野球の位相が高くなったらいいなと述べた。 続いて「日本野球の強みを世界に知らせたい」と通訳を介して話した。

湿った土曜日の夜、日本はすべてのトーナメントがあったかのようにそれが何を意味するのか、再示しました。 タイムリー打撃、守備、投球で米国を凌駕した。 日本最高の新人の一人Masato Morishita(23)は、5イニングを無失点で投げ5三振を奪い、90度台前半の低直球とスローブレーキングボールで相手を苦しめた。

続く、日本救援投手の幹部も同じことをたくさんしました。

米国の先発投手ニック・マルティネス(31)が、自分の投手を守った。 しかし、彼の唯一のミスは大きく近づいた。 21歳の3塁手胸タカ村上に3イニングソロ本塁打を渡した。

米国は積極的に、複数のイニングを脅かすたが、日本の投手は毎回無事だった。 米国の二塁手エディアルバレツ(Eddy Alvarez)は「ねえ、投手が持って来た?」と言った。

日本は8回裏吉田正隆がヒットを噴き出して山田徹トが中堅手のジャック・ロペスのホームランに続いて2塁で得点し、2-0でリードし、最終的に8回に息を回した。 山田が無意味なタグの試みを通り過ぎホームプレートを横切ってこっそり手をキャッチする前に、日本の選手たちはダグアウト前で上下に跳ね返るました。

オリンピック期間中、日本野球代表チームは、開催国で最も多くの関心を受け、チームのいずれかであった。

競技場の内部には、ファンが許可されていないが、土曜日の夜には、代表スタッフ、オリンピックボランティアとジャーナリストで構成され、かなりの観客がスタンドに座りました。 そして、他の競技日と同様に、午後にバスに乗って到着した日本選手たちを歓迎するために数多くのファンが競技場の外に立って写真を撮って歓迎した。

オリンピック野球はここで真剣に受け止めています。 日本最高のプロ野球の日本のプロ野球リーグが夏季オリンピックで最高の選手たちが出場することができるよう、シーズンを中断した。

一方、メジャーリーグは40人ロースターの選手たちのオリンピック出場を許可しなかった。 それにもかかわらず、30代後半の無職のベテランと若い有望株で構成された、米国選手団は、オリンピック大会で最高の一つであった。

オリンピック期間中、日本と2回の対決で、米国は合算3失点で敗れました。 最初銀メダルに米国の野球チームは現在、2000年の金、1996年と2008年の銅巡回を終えました。

Mike Scioscia米国監督は、日本に対して「彼らは優勝する資格があった。

しかし、土曜日は全世界の野球選手がオリンピックの舞台で競争することができる最後のチャンスでした。 2008年大会以来永久プログラムから出発した日本は、東京オリンピックのために、これを復元しました。 しかし、2024年にパリオリンピックには野球とソフトボールの両方復帰しない。 しかし、彼らは2028年にロサンゼルスで戻ってくることが広く予想されます。

試合後InabaはMurakamiのような若い代表チームの選手たちにバトンを渡す時だと言いました。 彼は、彼らがオリンピックで学んだことが、今後の他の国際大会で良い助けになることを希望すると述べました。

村上は通訳を介して「金メダルを取るされて非常に嬉しい。 “そして、私は非常に誇りに思います。」

この日の午前ドミニカ共和国は、2008年の金メダリストである韓国を10-6で下し韓国史上初の野球のメダルある銅メダルを獲得した。

READ  日本の2011年津波、そしてそして今 - 写真で| 日本の災害

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close