日本、国連に「ブルーカーボン」36万トン報告する計画世界初の計算

Estimated read time 1 min read
読売新聞
海藻、海藻に吸収されるブルーカーボン

日本政府は2022年会計年度に海藻と海藻が吸収して貯蔵した二酸化炭素(ブルーカーボン)が約36万トンに達すると国連に報告する計画だ。

日本は純排出量を計算します。 つまり、人間の活動による排出量から、光合成などの手段によって植物が吸収するCO2の量を差し引いたものです。 世界で初めて昆布の森と海草草原が吸収するCO2の量を測定します。

地球温暖化の対策として、国は純排出量を計算して温室効果ガス削減目標を設定してきました。 日本は2030会計年度まで2013会計年度に比べて純排出量を46%削減し、2050会計年度まで純排出量ゼロ達成を目指している。 日本は毎年最新の数値を国連に報告する。

計算には確立された方法がないため、各国は海藻と海藻が吸収したCO2量を国連に報告していません。 日本では、わかめ、ハゲ草など海藻類と海藻の種類別吸収量と海岸地域の海藻類面積を基準とする方法を考案しました。

政府によると、2022年基準の日本のブルーカーボン排出量は約36万トンに達し、これは約14万世帯の年間CO2排出量に相当する。 この数値は1月22日、環境部専門家パネルを通じて公式確認される予定だ。

2021年会計年度に日本植物が吸収したCO2 4,760万トンの大部分は森から出てきました。 既存の陸上林は老朽化し、将来的に減少すると予想されるため、一部の推定によると、ブルーカーボンは2030年に全炭素隔離の10%を占めると予測されています。

日本は海に囲まれている点を活用して昆布ベッドを作るなど、ブルーカーボンを通じて脱炭素化を促進したいと思います。

READ  日本系アメリカ人国立博物館は、現代の技術を使用して第二次世界大戦日本捕虜収容所の苦難についての個人的な話を聞きます。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours