トップニュース

日本、地震、津波、原発惨事11年

東京 – 金曜日日本は犠牲者に敬意を表し、11年前の大規模な地震と津波で依然として行方不明者の捜索を再開し、数万人がまだ家に帰ることができない福島原発災害を促しました。

津波が発生した岩手や宮城の北部県に住む一部の住民は、死亡したり、水に浸った愛する人のために祈るために、海岸や記憶に残る場所に歩いてきました。

2011年3月11日午後2時46分に規模9.0の地震が発生し、大規模な津波が発生した瞬間、人々は沈黙の瞬間を目撃しました。

福島第1原子力発電所を襲った地震と津波により、電力と冷却機能が破壊され、原子炉6個中3個でメルトダウンが発生しました。

福島県で開催された式で、岸田文夫首相は津波と地震の被害者のための祈りを行い、福島の継続的な再建努力を支援するという約束を再確認しました。

彼は「原発災害復旧には長期的な対応が必要だ」とし「政府が帰国者の生活環境改善と地域産業活性化のために支援する」と話した。

岸田さんは、政府が昨年建国10周年を迎え、国政を中断したにもかかわらず、福島に行ってきました。

宮城県名取では午後2時46分沈黙の時間が過ぎた後、住民が失った愛する人のためのメッセージを盛り込んだ多彩な風船を飛ばしました。

津波で約500人が死亡した福島町南相馬では、ゴム長靴を履いて制服を着た警察官が海岸に沿ってビーチを掘り、行方不明者の有害を捜索しました。 放射線のため、福島海岸の多くの地域で調査が遅れている。

放射能落下で汚染されて生活しにくい地域に指定された地域は、初期に県土地の12%を占めましたが、除染努力後の禁止区域が2.4%に減少しました。 政府はまた、以前の居住者を自宅に送るために安全キャンペーンを推進し、自主的な避難者の支援に対する縮小の可能性について懸念を促した。

ピーク時に福島内外で16万人以上の人々が避難しました。 そのうち約33,000人はまだ家に帰っていません。 内堀政夫福島知事は、最近オンライン講演で多くの避難民がすでに他の場所に再定住し、被害を受けた多くの村で過去10年間で人口が大幅に減少していると述べた。

福島原子力発電所がある双葉町では、6月の正式開通を控えて登録住民が試験的に居住できるよう、鉄道駅近くの小さな地域を開放しましたが、約5,600人に達する都市人口のうち、これまで帰ってきた人はほとんどいませんでした。

内堀は授賞式の演説で「難しい挑戦がたくさん残っている。 彼はまだ避難中の多くの住民、汚染された水、発電所の継続的な浄化と解体、計画された処理された放射性水の放出による影響に対する措置に注目しました。

一部の地域にはまだ立ち入り禁止区域が残っており、放射能噂に問題がある一方、災害の教訓がやや薄れていると、Uchiboriは語った。 「希望を捨てずに復活のために全力を尽くして挑むことを、イ・ジェミンたちの魂の前で厳粛に誓います。」

発電所の運営者である東京電機電力会社ホールディングスと政府は昨年、2023年春から130万トン以上の処理された放射性水を海に放流する計画だと発表しました。

政府は数十年にわたる放流水は安全だと明らかにしたが、中国、韓国など周辺国と地域住民たちは安全を理由に反対している。 漁業コミュニティは、特に水が地元の魚の評判をさらに損なうという噂を懸念しています。

TEPCOはまた、住宅や生活の損失に対する補償を要求する災害被害住民からの多数の訴訟に直面しており、最近最高裁判所の判決は彼らの要求を支持しています。 福島に住む6人の若い住民は、2月に東京電力を相手に事故による放射線による甲状腺がんに対する損害賠償訴訟を提起しました。

政府と福島県の管理者は、彼らの病気と福島原発から漏れた放射線との関連を否定しています。

READ  IOC副:日本が緊急状態にあっても、東京オリンピック開幕

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close