日本、地震発生後予防措置で福島放流中断

Estimated read time 1 min read

日本の福島原発の排水放流が地震により金曜日に中断されたと、運営者は今回の措置が予防的措置だと強調した。

日本気象庁は金曜日の午前0時14分に2011年津波により破壊された発電所がある福島北東部海岸に規模5.8の衝撃が加わったと明らかにしました。

東京電力(TEPCO)は防水過程を言及し、「ALPS処理水希釈排水施設などに異常がないことを遠隔で確認した」と明らかにした。

しかし、「安全のためにあらかじめ定義された運営手順に従って施設運営を中断した」と明らかにしました。

日本の原子力規制当局は、地震発生直後に難破した福島第一発電所やその姉妹発電所である福島ダイニ発電所で何の異常も発見されなかったと明らかにしました。

広告 – 続行するにはスクロールしてください。

TEPCOは、世界最悪の原子力災害の1つである2011年事故以来、福島原発から収集された約540個のオリンピックプール分量の廃水を去る8月に太平洋に放出し始めました。

この作業は国連原子力機関の承認を受け、TEPCOは三重水素を除くすべての放射性元素をろ過したと述べた。 三重水素のレベルは安全上限内です。

しかし、中国とロシアは日本が環境を汚染しているとし、日本の水産物の太平洋放流を非難して輸入を禁止した。

広告 – 続行するにはスクロールしてください。

日本では毎年数百件の地震が発生していますが、大多数は被害を受けません。

最近の衝撃によるけがの即時報告はなく、津波警告もありませんでした。

tmo-stu/kaf/sco

READ  大阪なおみ、東京オリンピックへの熱意を明言
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours