経済

日本、夏季オリンピックを控え、東京からより多くのコロナウイルスの措置を制定

日本は夏季オリンピックを控えて伝染性が強い亜種の急速な普及を抑制するために、より強力な措置をとることができるように東京でコロナウイルス警報レベルを向上させることを発表しました。

日本の国家予防接種推進は、遅延され、首都のほとんどの人々は、感染が急増するにつれて、まだ予防接種をしていません。

菅義偉首相が発表した地位が高くなるにつれて、東京知事はバーやレストランの営業時間を短縮し、違反者に対する処罰とコンプライアンス者への補償を義務付けることができます。 この措置は、月曜日に開始し、5月11日まで継続されます。

関連: 橋本セイコー、東京オリンピック組織委員会社長任命

最近では、オフィス、老人介護施設、学校などで拡散されたが、東京の多くの事例がナイトライフと食事との関連があると専門家は言う。

シュガーはまた、最近数週間の間に事例が急増した日本の西部の京都と沖縄の南の島県の境界レベルを高めました。 日本の「ゴールデンウィーク」連休が終わる5月5日までに旅行を防ぐために、新しい状態が継続されます。

シュガーは「私たちは、感染した地域内での感染を抑制し、感染が全国に拡散されるのを防ぐために最善を尽くした」と述べた。

この措置により、人々は、都市の外不必要な旅行を避けることを促して、保健当局は、安全対策を遵守するために、バーやレストランをパトロールして、高齢者介護施設でのテストを増やすとシュガーは言った。

東京知事百合子小池は住民に不必要な旅行を避け、社会的距離を置くように要求しました。 彼女は県内の多くの地域のバーやレストランに午後8時にドアを閉じるように要求しました。

関連: 「状況は、私たちがこのようなことをするように強制する」:IOC、東京オリンピック、感染症との闘いゲーム計画を発表

小池は「東京の医療システムを保護するために、私たちは、人々の動きをさらに減らすためにはるかに困難に努力するべき」と述べた。

月曜日に、他の3つの地域(大阪、近くの兵庫と北の宮城)のアラーム状態が発生しました。 日本が1月に開始された部分的拘束力のない緊急事態を縮小した直後の3月初めから毎日事例が急激に増加しました。

金曜日の追加に応じて東京都心を含む6つの県の15の都市が高いウイルス対策で指定された。

この措置は、東京の緊急事態が解除されたか3週間足らずでアンチウイルス対策と経済のバランスの難しさを強調します。 シュガー政府は大流行の打撃を受けた経済をより毀損することに消極的で、アンチウイルス対策を遅すぎる施行している批判を受けた。

2020年3月25日、日本東京で、東京2020オリンピックリングの後にしてあります。 IOC関係者は昨日、進行中のCovid-19コロナウイルス感染症が原因で、東京2020オリンピックが2021に延期すると発表した後、

大阪は病院が新たな問題に圧倒されて、医療緊急事態を宣言し、次の週オリンピックの聖火リレーを公道で移動しました。

日本では100万人を少し超えたり、人口の1%未満が二回のワクチン接種の最初の接種を受けており、事例が急増すると、オリンピック関連のイベントが追加でキャンセルすることができます。

医療スタッフを対象に、2月中旬に接種が開始されました。 高齢者は、次の週から6月末までに注射を打つ予定です。 残りの人口は7月頃まで待たなければならする可能性が高いため、日本が7月23日、東京オリンピックが始まる前に、いわゆる無理免疫に到達することはほとんど不可能です。

READ  ミャンマー警察、ちょっと拘禁された日本のジャーナリストの釈放

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close