トップニュース

日本、外交への中道的アプローチの再確認

岸田文夫日本首相が2022年5月2日、タイを公式訪問するためにバンコク政府庁舎で議長隊を査閲している。 (写真提供:リリアンスワンルームパ/AFP)

岸田文夫日本首相は、過去5日間にアセアンの3カ国を巡方し、アセアンとの特別な関係で外交への中道的なアプローチを実演しました。 インドネシア、ベトナム、タイを時期尚早に訪問したことは成功し、意味深かった。 日本は、地域の利益を考慮するために外交政策アプローチを調整することができる。

ロシアのウクライナ侵攻について、彼がG7(グループ7カ国)の同僚たちと一緒にいるときに表現した前例のない強硬立場とは距離が遠い。 木田は地域全体の感情をよく理解しています。

彼の訪問中に公式政策、声明、コメントを総合してみると、重要なメッセージは明確でした。 米国の強力な同盟国である日本は、特にG7の状況でウクライナの危機の間に支援を強化するために条約同盟を支援していますが、3番目に大きい経済強国は、いかなる方法でもASEANを公売しません。 実際、日本は国際ルールベースの原則と人道支援の重要性に対するASEANの立場と非常に一致しています。

3カ国すべてで岸田首相は、ウクライナに対する日本の見解を繰り返しながら、どの地域も武力の脅威や使用による主権と領土保全侵害を容認しないと述べました。 また、日本は一方的に現状を強制的に変えるいかなる行為も容認しません。

現日本の指導者として、岸田は大きな利点を持っている。 安倍元政府(2012~2017)で外務大臣を務めた。 彼は広く旅行し、地域の主要なリーダーと政策立案者をよく知っています。 インドネシア、ベトナム、タイは経済と安全保障の問題で日本の主要な戦略的パートナーです。

3人の中で最も繊細な訪問であるハノイに滞在する間、岸田はロシア・ウクライナ戦争に対するベトナムの立場に対応する外交的技巧を見せた。 よく知られているように、3月初めに国連総会でウクライナ侵攻を糾弾する表決で棄権したASEAN加盟国はベトナムとラオスが唯一だ。

教徒通信によると、岸田首相は記者たちに英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本など先進民主主義の7カ国を言及し、ロシアと関連してG7と同じ措置を取らなかった国が多いと話した。 アメリカ。 彼は、できるだけ他の国の理解と協力を得ることが重要だと強調した。

Kishidaはまた、国際救援機関を通じて、米ドル50万ドル相当のウクライナに対する人道支援を提供したベトナムの発表を高く評価しました。 タイを含む他のASEAN加盟国も同様の人道支援を提供した。

日本はコロナ19以来、この地域のより速く、環境にやさしい経済回復に取り組んでいます。

ASEAN 3カ国はすべて、日本と協力してエネルギー転換の個別実行計画を策定しています。

G7の唯一のアジア諸国である日本は、西欧列強が模倣できる模範となります。

岸田は帰国前イタリアとイギリスに向かう。 学んだ教訓は十分簡単です。 言い換えれば、謙遜な相互尊重と利益の原則は、地域の平和と繁栄を強化するのに大きな助けとなるでしょう。

カビガンキターボン

READ  Japan's serious COVID cases climb to 4-month high; record infections

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close