経済

日本、外国科学技術研究員に対する調査強化

日本の大学は、新たに新設された経済安全保障大臣が約束した学生と研究者に対する厳格な審査の一環として、敏感な科学技術分野で働く外国人の詳細を提供するよう求められました。

関係者によると、強化された調査は、外国の競争相手の間で増加する技術民族主義と日本の研究が中国と他の場所に流れやすくなるという懸念が高まるにつれて、東京が導入したいくつかの措置の1つです。

研究機関に関するより良い情報を収集しようとする動きは、2020年から既に強化された外国為替および外国貿易法(Foreign Exchange and Foreign Trade Act)に基づき外国人投資へ大統領を強化することを約束することによって行われます。 法改正。

教育部と産業通商資源部が進める情報収集は、大学と研究機関の新たな指針を予告する。 新しい規則は、資金を継続するために、より高いレベルの開示と潜在的な研究流出のためのより厳しい管理を提供する義務があります。

今年発表された政府報告書によると、日本の私立大学の48%だけが予備学生の選抜を含む規定を持っています。 私立大学の3分の1だけが学生に敏感な技術を持って故国に戻らないように注意を払ったと言いました。

最近の調査は、日本の3つの大学の従業員が、フィナンシャルタイムズに外国人学生数に対する政府の一般的な年次調査よりもはるかに詳細を求めると説明しました。 さらなる詳細は、外国人の学生や研究者が参加する特定の科学技術分野を中心に行われた。

ある私立大学の一人の上級職員は、政府の研究者たちのアプローチが12月初めに知られており、アンケート調査は、機密情報が日本を離れることができる経路を閉鎖することに明らかに焦点を置いてセキュリティに重点を置いたと述べました。

他の国政府がとった同様の措置を反映し、システムが長く緩んでいるという懸念を反映する日本の努力が加速されたのは、10月の日本の初代経済安全保障で小林高之(Takayuki Kobayashi)が任命された後です。

役割が作成された直後のインタビューで、小林は国際社会が「日本なしでは生き残れない」という重要な技術を育成することが自分の使命だとFTに語った。

先週の金曜日、小林は、日本または海外企業から受け取った資金に関する詳細情報を政府に提供することを要求する研究機関に対する国家資金援助に関するより厳しいガイダンスを発表しました。

研究の国際化と開放性によるリスクに対する懸念が高まる中、政府は「外国人学生と研究員に対する厳格な審査」を計画したと彼は言った。 虚偽申告を提出した機関は、5年間政府支援金の申請が禁止される。

先端バッテリー分野で働いている限り、大学教授は政府調査の一環として直接接近したことはないが、特に中国の研究者と一緒に働く人々にとって潜在的なデータ流出が長い間問題だったと述べた。 彼は、中国の博士後半の学生が北京でデータを提供するように要求した場合、データを提供する義務があると述べました。 それ以外の場合は罰を受ける可能性があります。

中国機関との国家共同研究プロジェクトにも参加している同じ教授は、データ流出に対する懸念を考えると、日本側が中国側と共有すべき突破口について慎重に議論したと述べた。 続いて「情報流出を前提にプロジェクトを進行するのと同じだ」と付け加えた。

READ  Nikkei:Nikkeiは終値でほぼ1%上昇します。 日本の株式市場は、ウォールストリートの上昇、信頼性の高い米国の金利で終了します

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close