経済

日本、多くのスロットが開いた後、東京のワクチンセンターへのアクセス拡大

政府は、次の週の間のスロットが満たされていないし、東京の中心部の大規模なCOVID-19の予防接種センターへのアクセスを拡大する計画を発表した。

センターを運営する米国防総省によると、利用可能なスロットは埼玉、千葉、神奈川の周辺県で65歳以上の人々に開放された後、数時間以内に予約しました。 月曜日から始まったこのセンターは、自衛隊の医師や看護師で構成され、このセンターは、モドや(Moderna)ワクチンを毎日10,000回接種することができます。

次の週70,000スロットのうち、30%以上が水現在使用可能な状態に維持されて計画より一週間早くアクセスを拡大することを決定したと産経新聞が初めて報道した。

市の中心部のビジネス地区のにあり、高齢人口の多い住宅地域から遠く離れた東京のサイトの位置とオンラインまたはラインメッセージングアプリを介してのみ使用できる予約システムは、空のスロットの原因の1つです。

同様の問題は、現在の日本で流行している都市である大阪には影響を及ぼさなかったし、大量の予防接種センターが予約を開始した初日来週スロットがいっぱいです。

他の国に遅れたという批判を受けている日本のワクチン発売が開始されるという信号があります。 この国は、1,100万回以上を投与し、ほとんどの医療従事者に投与し、そのうちの半分は、過去2週間の間に投与された。 65歳以上の人口の11%以上は、現在、少なくとも1回の接種を受けており、現在の一日平均40万回接種を受けています。

しかし、予防接種率は、東京、大阪、その他の7つの県の金曜日から6月20日まで延長される、日本のコロナウイルス緊急事態の延長を防ぐには、十分ではないでした。

年齢別のワクチンにアクセスすることができる時期も多くの地域では不明です。 予防接種の実績が最も良い県に位置する和歌山市は6月末から健康状態がある65歳未満の人へのアクセスを拡大する計画だとFNNが報じました。 県は65歳以上の人口のほぼ25%に少なくとも1回接種をしました。

日本の保健大臣の田村ノリ久(Norihisa Tamura)は保健大臣を引用して、日本がファイザー(Pfizer Inc.)ワクチンの安全性と有効性が確認されると、現在の16歳から12歳下げる計画だという。 ファイザーは、ウイルスに対する日本の武器の大部分を占めています。

日本はAstraZeneca PLCワクチンを承認したが、まれに血栓発生の懸念として使用を保留し、自身の予防接種を確保するために苦労している近所の人、台湾に、いくつかの供給を検討している産経新聞は伝えた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  チップ不足で、日本の工場の修理

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close