技術

日本、多頻繁に、緑の技術を追求

日本の東京、1月18日(UNI)首相は菅義偉、日本は多国間主義を重視しコロナウイルス以来、世界秩序を作成するために指導的役割をしながら、他の国と協力すると言いました。

一方、日本の米国との同盟は、独自の外交と安全保障政策だけでなく、インド – 太平洋地域とその向こうの平和と繁栄の土台になると彼は言った。

日本は特にアジア地域の国々との経済、安全保障、文化などの多層的な関係を持っているので、アジアで総合的なリーダーシップの役割を実行することになります。

安倍晋三元首相が紹介し、米国、インド、オーストラリアおよびその他の国が受け入れた」自由で開放的なインドの – 太平洋」のビジョンに基づいて、日本はさまざまな問題について、同じ考えを持った国と引き続き協力することができる良い位置にあります。 地域の安定と繁栄をサポートします。

国会で開かれた政策演説で首相は、ジョー・バイデン米大統領当選者を可能な限り早く会うことを希望した。

彼は日本が東シナ海の尖閣諸島をめぐる領​​土紛争を含む、中国との「さまざまな問題」を解決するために努力すると共同通信が報じた。

彼はまた、ロシアとの交渉を進めて北海道でモスクワが所有する島の問題を解決し、国との平和条約を締結することです。

シュガーは韓国との関係は、「非常に厳しい状況だ」と述べた。 これは第二次世界大戦前後の日本軍売春店で苦痛を経験した人々のための婉曲表現である韓国の「慰安婦」のソウル裁判所の判決に対する最近の緊張を反映したものである。

首相は、1970年代と1980年代、北朝鮮の日本人拉致問題を解決するために、キム・ジョンウン委員長を「前提条件なしに「会うという意志を繰り返した。

シュガーは、政府の経済と環境政策にも話した。

世界で3番目に大きい経済がコロナウイルスの結果を交渉しながら、彼の事業を維持し、雇用を保護するために「政治的責任」を尽くすと約束しました。

首相は、政府が金融市場メカニズムを通じて、国内外の民間投資を誘導するとして、太陽光などのグリーン技術革新の推進に力を繰り返した。

日本は、電気自動車、ハイブリッド、プラグインハイブリッド車や燃料電池車を含むと予想される電気自動車が2035年までに新車販売の100%を占めることを目標にすると、彼は中国と欧州の主要国の類似の動きに応じて語った。 国。

シュガーは、日本が2050年までに二酸化炭素の排出を完全になくすカーボンニュートラルを達成すると誓いながら、環境を主な焦点としました。

彼は11月の国連気候変動会議の前に、2030年までに温室効果ガス排出量削減のための「野心的な “新たな目標を公開すると約束しました。

デジタル化は、行政改革の重要なシンボルになるとシュガーは言った。 新しい政府機関が9月に発足し、このような努力のための「コマンドの塔」の役割をするとシュガーは言った。

首相は昨年の前例のない演技の後、7月に開始される東京オリンピックとパラリンピックが「人類がコロナウイルスを退けたという証拠」であり、2011年の地震、津波、福島で日本の回復を示す機会になるだろうと述べた。 核危機。

UNI SRJ SV 1821

READ  任天堂によって偶然流出した野生の息吹2詳細

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close