エンターテインメント

日本、大阪、他の2つの地域をウイルス半緊急事態に置く

東京(AP) – 日本は東京オリンピックが開催される4カ月も満たない期間は、地域の感染が増加するにつれて、木曜日新しいウイルス制御措置のために、大阪と他の2つの県を指定する予定です。

日本が1月に開始された部分的拘束力のない緊急事態を縮小した直後の3月初めから大阪、隣人兵庫県、宮城県北部の毎日の事例が急増しました。 日本は3月21日、東京地域の緊急事態を解除して、コロナウイルスを減速COVID-19患者を治療する医療システムへの圧力を緩和するための措置を完全に終了しました。

専門家は、大阪の急激な高騰や医療システムの負担に懸念を提起しました。 4月中旬に大阪市内で国際フィギュアスケートイベントが予定されており、新たな措置をとるようになります。

政府は、この措置を木曜日後半に公式発表する予定です。 西村安豊島経済の活性化相は来週の月曜日から始まる新しい蔓延防止法に基づいて3つの県に会う政府パネルが準緊急状態に指定されると述べた。

2月に制定された法律は、緊急事態前の措置に、特定の地方自治体を対象にして現在の指導者が事業主に営業時間を短縮し、他の措置をとるように要求したり、コマンドできるように設計された。 これを遵守する人に対する補償と違反者に対する罰金を許可します。

日本はこれまで拘束力のある封鎖を課すことなく、米国と欧州よりもはるかによく伝染病を管理しました。 しかし、シュガー義久に首相政府は、経済被害を最小限に抑えながら、ウイルスの拡散を制御するために苦労しています。

保健省によると、日本は水曜日基準で474,773件、9,162人が死亡した。 大阪は水曜日、毎日599件の新しい事例を報告して、東京の414件を超えた。

政府COVID-19諮問委員会を率いる国立感染症研究所の脇田竜二所長は水曜日の記者たちに、すでに日本西部と北部を含む、いくつかの地域では、新しい急増が開始されたと述べた。

彼は大阪の地域でより感染があるとされる新たな変種ウイルスによる感染が急速に増加していると述べた。

READ  日本の漫画を基にしたヘルシング映画がJohn Wick CreatorおよびAmazonで出てきます。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close