トップニュース

日本、大阪、他の5つの県でウイルス緊急解除目。

日本は、感染数が減少するにつれ、大阪、京都と他の4つの県のコロナウイルス緊急事態解除を日曜日に進行する計画だと、政府の管理がした。

一方、菅義偉首相は現在、3月7日終了日まで、東京と隣接する3つの県の緊急状態を維持することを検討している水曜日の管理者は明らかにした。

政府は、大阪、京都、兵庫、愛知、福岡、天候など6つの県東京、神奈川、千葉、埼玉など6つの県の感染症パネルと会議を開き、決定を下すものと見られる。 金曜日に、他の専門家。

(L)茂木豊島みつ、日本の外務大臣、菅義偉首相、麻生太郎財務相が新型コロナウイルス感染症の中でマスクをして2021年2月24日に東京で開かれた閣議に出席した。 (教徒)==教徒

シュガーは水曜日に田村ノリ久保健大臣と西村康豊島保健大臣と会談を終え、金曜日には、専門家の多様な意見を聞いて判断するために会議を開催すると述べた。

彼は総理室で記者団に「感染件数が急激に減少しており、計画より早く(緊急状態で)終結してほしいという知事の要請があるのは事実だ」と述べた。

シュガーはまた、政府が4月12日、高齢者のためのコロナ19の予防接種を開始すると述べた。

この日秒保健省諮問委員会は、感染が全国的に減少していることを認めたが遊んでいることを警告しました。

首都は水曜日に213個の新しい感染を見せ、現在までに、新型コロナウイルスの事例が110,400件に増加しました。 東京の7日移動平均が11月以来初めて同日、300以下に落ちました。

水曜日東京は千葉127、神奈川93、大阪62と比較して集計された。

シュガーが1月7日の緊急事態を宣言して以来、不必要な家を離れることないことを要求する一方で、レストランやバーは、午後8時までに終了するように要求されている。

企業は、リモート勤務を採用し、コンサートやスポーツなどの大規模なイベントの参加者は、5000人に制限されます。

この措置は、全国的に学校がドアを閉め、多くの企業が一時的にドアを閉める前の春の緊急事態よりも緩くが、いくつかの政府当局者は、経済活動を余りに長く制限することを警戒しています。

一方、他の人々は宣言をあまりにも早く解除すると、感染が再発することがあると憂慮します。

保健省のパネルは、感染が緊急状況にしたが、2月中旬から減少率が鈍化た伝染病を制御するために継続的な努力が必要だと言いました。 病院はまだ圧力を受けているが、以前に行っただけではない。

西村は水曜日議会委員会に政府が専門家のアドバイスに基づいて決定を下し、今後数ヶ月の間にコロナウイルスが再び拡散されることを停止すると言いました。

京都、大阪、兵庫知事は火曜日西村に県がリストから除外されることを共同要請しました。

愛知知事大村秀章も同様の要求をしたのに対し、気候知事古田肇は愛知と同時に県で緊急事態を解除しなければなら言いました。

水曜日に福岡はまた、3月7日以前に南西部県をリストから削除することを要請しました。

シュガーは、最初に首都圏の1ヶ月から2月7日までの緊急事態を宣言し、11県に拡大した。 この宣言は、栃木を除いて、3月7日まで延長されました。

READ  マイクロソフト、xCloudをiPhone / PCに2021年の春を提供します。 Xboxのゲームのパスで遊ぶクラウドゲーム - Engadget日本版

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close