トップニュース

日本、太平洋諸国、ソロモンと中国の協定に懸念を共有

日本、フィジー、パラオは、中国が最近ソロモン諸島と締結した安全保障協定について同じ懸念を抱いていると、林吉正外務相が日曜日、二太平洋島国家訪問を終えながら語った。

林はパラオで開かれたオンライン記者会見で、この協定が太平洋安全保障に「重大な影響」を及ぼす可能性があり、日本はこの地域の安定と繁栄を確保するために米国、オーストラリア、ニュージーランドと協力を強化すると述べました。

彼は「中国とソロモン諸島の安保協力に関する合意が、この地域の安保環境に重大な影響を及ぼす可能性があるという日本の懸念を伝え、太平洋図書国家も同様の見解を示した」と話した。

林吉正日本外務相(右)が2022年5月8日パラオでスランゲルウィップスパラオ大統領と会談している。 (写真提供:日本外務省)(刑務所)

林はパラオで最も人口の多い都市であるコロールでスランゲルウィップス大統領とグスタフ・アイタロ国務長官と別の会談を行った後、コメントを行いました。

土曜日、日本長官はフィジー首都スバで外務長官を兼任しているボレケ・バイニマラマフィジー首相に会った。

林の旅は先月発表されたソロモン諸島と中国の安保協定により、他の小さな太平洋島国家がこの地域で中国の軍事力の増加に照らしてさらに警戒するようになって行われた。

詳細はまだ不明だが、セキュリティ協定を通じて中国はこの島に軍隊と船舶を配置できることが分かった。

日曜日、HayashiとWhippsは、自由で開かれたインド太平洋を追求するために両国関係を強化することに合意した。 このビジョンは、東京とワシントンが擁護し、この地域で中国の軍事的経済的影響力に対抗すると広く考えられているビジョンです。

林と愛太郎は、別途の会議でロシアがウクライナに対して継続的な攻撃をしていることを強く糾弾し、土曜日に潜水艦発射弾道ミサイルを発射したと疑われることを含め、最近急増した北朝鮮の弾道ミサイルに対処するために協力することを約束したと報じた。 日本の外務省に。

太平洋で中国の影響力が大きくなり、ソロモン諸島とキリバシが台湾から北京に外交関係を転換したが、パラオは台北と外交関係を維持した。 フィジーは1975年に中国と交わされ、太平洋の島の中で初めて修交を結びました。

READ  2人不正受給海タイ社長謝罪 - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close