日本、宇宙ごみと向き合う

Estimated read time 1 min read
  • ジョナサン・アモス
  • 科学特派員
画像キャプション、 古いロケット部分が地球から約600km上空から見えます。

日本企業Astroscaleが運営する衛星が15年になった宇宙ごみを追跡してクローズアップイメージを撮影しました。

物体は約11m×4m(36フィート×15フィート)の大きさの放棄されたロケット部分で、質量は3トンです。

こんなに大きな宇宙残骸に出会った人は今回が初めてです。

Astroscaleは、他社の冗長ハードウェアを軌道から削除する事業を開発しています。

今回はそうではありません。 現在の使命は、安全な近接作業に必要なセンサーとソフトウェアをテストすることです。 しかし、今後数年以内に空からゴミの塊を引き出すための断固たる努力がなされるだろうと会社は言います。

軌道瓦礫の問題と持続可能な宇宙利用が今熱い話頭で浮上しています。

1957年に宇宙時代が始まって以来、ちょうどAstroscaleが描いたように、塗料から廃棄されたロケットの上部まで、何百万もの技術廃棄物が頭の上に積み上げられました。

画像キャプション、 検査衛星Adras-Jは、ロケット部分を調査するために次の数週間を過ごします。

この彷徨い金属や他の物質群は、私たちが地球と通信し監視するために使用する機能衛星と衝突して破壊する危険があります。

ロケット本体は膨大な体積のために特に危険です。

新しいイメージにあるのは、2009年に日本のH-IIA発射体から出たもので、この発射体は2009年にGosatと呼ばれるCO2測定宇宙船を発射しました。

ロケットの上部は約600kmの高度でゴサットを放出した。

しかし、より現代的なロケットは、飛行後すぐにすべての部品が地球に降りてくることを確認するのに対し、このH-IIA段階はそこにとどまった。 そしてそれは一人ではありません。

欧州宇宙局(European Space Agency)は、今日でもまだ軌道にあるロケット本体が2,220個あると計算しました。

画像キャプション、 今後のミッションでは、ロボットアームを使って宇宙ごみを手に入れます。

AstroscaleはランデブのミッションをAdras-JまたはAstroscale-JapanのActive Debris Removalと呼びます。

これは2月18日に発射されたスマート宇宙船によって行われています。 それ以来、衛星はH-IIA本体に接近してきました。

Adras-Jは最終的なアプローチを作成するためにカメラとアルゴリズムを使用しました。 ゆっくりと端から端まで回転するロケット部分にぶつからないように特別な注意が必要です。

Astroscaleの英国の従業員は、ミッションのためにAdras-Jと通信するために使用されるシステムである「地上セグメント」を構築しました。 彼らはまた、正確なナビゲーションに関する多くの「飛行力学」作業を行いました。

24時間営業は、東京のミッションコントロールとオックスフォードシャーのハーウェルにある英国基地で共有されました。

計画は、今後数週間でより多くの画像を撮影し、構造状態、回転速度、回転軸などのロケット部分に関する情報を収集することです。

Adras-Jはその過程でロケット本体の周りを飛ばそうとします。

将来のAstroscaleミッションは、ロボットアームの助けを借りて採石場を確保します。

画像キャプション、 図:Adras-Jを振り返るロケットの観点から、シーンがどのように見えるか

この場合、Adras-Jはロケットステージのタンブリング速度を遅くする実験に限定されます。

活動には、回転運動とは反対方向にボディに推進器を発射することが含まれる。 スクリューピラーの圧力により回転速度が遅くなります。

世界中の多数の企業がAstroscaleに似た技術を開発しています。

専門家は、軌道での連鎖衝突を防ぐために、宇宙旅行国が毎年複数の大きなゴミを除去し始めることが不可欠であると述べています。

READ  死んでいく恒星を公転する大きな惑星が初めて発見され| ニコニコニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours