技術

日本、宇宙でグロインバッグ植物技術をテスト中

2021年、世界はNASAが国際宇宙ステーションのAPH(Advanced Plant Habitat)で宇宙で最初に唐辛子を栽培するのを見ました。 APHは高度な栽培システムで、宇宙栽培の大きな飛躍を可能にしました。 しかし、月や火星で食料を栽培する準備ができていません。

「APHは現在、作物生産に持続可能ではない給水システムを使用しています。 しかし、これは宇宙生物学実験を行うのに十分です。

NASAは、宇宙で食料を栽培する問題を扱う唯一の宇宙機関ではありません。 例えば、日本の宇宙局であるJAXAは、月に農場を建て、地球からの供給を減らしながら長期滞在を可能にする食料を生産する方法を研究しています。 彼らの目標の1つは、地球から発射されるべき質量を制限するために栽培システムを縮小することです。

彼らが開発しているアイデアの1つは、新しいプラスチック培養バッグ技術です。 JAXA宇宙飛行士Akihiko Hoshideは、2021年8月27日から10月13日まで48日間、このシステムの最初の宇宙実験を行いました。 このシステムは、細菌汚染を防ぎ、匂いを密封するために小さな密閉ビニール袋から植物を育てます。 その後、最大3つのバッグが栽培ユニットで栽培されます。 44(w) x 35(d) x 20(h) cm サイズと 5 kg の重量で小さく軽量に設計されています。 このシステムには、ISS供給から水を取り、栄養溶液を作り、植物の成長を監視するカメラが装備されています。

記事全体を読む www.theunconventionalgardener.com

READ  使用されていない製作費100万相当のVTuberモデルが無料配布| Mogura VR

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close