日本、宇宙の起源と月着陸船探査のためにX線望遠鏡搭載ロケット発射

1 min read

東京(AP) — 日本は木曜日、宇宙の起源を探求するX線望遠鏡と小型月着陸船を搭載したロケットを発射しました。

日本南西の谷間島宇宙センターでHII-Aロケットが発射される様子は、JAXAとして知られる日本航空宇宙探査局がリアルタイム映像で中継しました。

ロケットが煙を吹き飛ばし、太平洋に飛んでいくと、JAXAのナレーターは「私たちは離陸しました」と話しました。

発射から13分後、ロケットはX-Ray Imaging and Spectroscopy Mission(XRISM)という衛星を地球の周りの軌道に入りました。 XRISMは、銀河の間にあるものの速度と構成を測定します。

この情報は、天体がどのように形成されたかを研究するのに役立ち、宇宙がどのように創造されたかについての謎を解くのに役立つかもしれないとJAXAは言います。

JAXAはNASAと協力して、さまざまな波長の光の強度、宇宙の物体の温度、形状、明るさを調べます。

ライス大学のライス宇宙研究所の所長であるデビッド・アレクサンダーは、この使命は、宇宙の多くを構成する過熱物質である熱いプラズマの特性についての洞察を提供するために重要だと信じています。

プラズマは、創傷治療、コンピュータチップの製造、環境清掃など、さまざまな方法で使用できる可能性があります。

アレキサンダーは「この熱いプラズマの空間と時間分布と動的な動きを理解すれば、ブラックホール、宇宙化学元素の進化、銀河団の形成など様々な現象を明らかにできるだろう」と述べた。

また、最新の日本ロケットには軽量月着陸船である月探査用スマート着陸船(SLIM)が搭載されています。 宇宙局によると、スマート着陸船は発射後3~4ヶ月間月軌道を回らず、来年初めに着陸を試みる可能性が高いという。

JAXAは、将来の月探査船や他の惑星着陸に備えて「ピンポイント着陸技術」を開発しています。 現在、着陸は約10km(6マイル)以上外れる傾向がありますが、スマート着陸船は意図した目標から約100m(330フィート)以内にさらに精密に設計されたとJAXA関係者の堺新一郎が記者たちに語りました。 始める。

これにより、箱型の装置が着陸できる安全な場所を見つけることができます。

これらの動きは、世界が再び月の探査に挑戦する時点に来たものです。 月着陸に成功した国は、米国、ロシア、中国、インドの4カ国だけだ。

先月、インドは月の南極近くに宇宙船を着陸しました。 これはロシアがほぼ半世紀で初めて月探査に失敗してからわずか数日で出てきたことだ。 アイスペース(ispace)と呼ばれる日本の民間企業が去る4月月着陸を試みているうちに着陸船を墜落させた。

日本の宇宙プログラムは最近の失敗のために破損しています。 2月には、H3ロケットの打ち上げが欠陥のため中止されました。 1ヶ月後に離陸に成功しましたが、2段ロケットが正しく点火されず、ロケットを破壊しなければなりませんでした。

日本が13年ぶりに宇宙飛行士候補募集に乗り出して日本人を月に送るという野心を明らかにした。

月に行くことは何十年もの間人類を魅了しました。 1969年、アメリカのアポロプログラムに基づいて、宇宙飛行士ニール・アームストロン(Neil Armstrong)とバズ・オールドリン(Buzz Aldrin)が月面を歩いた。

NASAの最後の人間の月探査の任務は1972年で、人間を月に送るという焦点が弱まり、任務がロボットに伝わるように見えました。

___

影山ガラスツイッター https://twitter.com/yurikageyama

READ  Ange Postecoglouはケルトに就職すると隔離に対処するようにサポート
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours