日本、宇宙事業強化のために1兆円のファンドを造成

Estimated read time 1 min read

日本はグローバル宇宙産業の核心プレイヤーになるために1兆円(64億7千万ドル)の基金を造成し、その目標を達成する予定です。

宇宙戦略基金は、企業と大学の技術革新を支援するために、日本航空宇宙探査局が10年間管理することになる。

早ければ今夏からJAXAは今回の会計年度末までに業務を遂行できる専門知識を備えた民間部門組織を募集し始めます。

具体的な技術開発分野は、早ければ今月内閣府傘下国家宇宙政策委員会会議で決定される予定だ。

科学技術情報通信部、産業部、通信部は22の候補地域を提案した。

これには、衛星星座に基づいて通信ネットワークを構築する950億円のプロジェクトが含まれます。 月面で使用する燃料電池システムを開発するための230億円のプロジェクト。 ロケットをより頻繁に、より安く発射できる技術を確立する155億円プロジェクト。

政府は2023回も追慕で1次財源で計3000億円を編成した。

この金額は、2023年会計年度予算でJAXAに割り当てられた2,155億円を超えています。

昨年改正された宇宙政策基本計画には、国内宇宙事業規模を2020年4兆円から2030年代初め8兆円に拡大するという目標が盛り込まれた。

これを実現するための核心プログラムとして宇宙戦略ファンドを設立する予定だ。

三菱研究所の内田敦史研究員は「宇宙技術の開発と実装には時間がかかる場合が多い」と述べました。 「企業と大学は長期的に研究計画を立てることができるので(基金に対する)期待が高い」

米国金融サービス会社モーガンスタンリーは、世界宇宙産業が2040年までに1兆ドル以上に成長し、2020年にはその規模の約3倍に達すると推定している。

米国では、Elon MuskのSpaceX(SpaceX)と他のスタートアップがアメリカ航空宇宙局(National Aeronautics and Space Administration)の支援を受けて成長しました。

宇宙事業では、国際競争が激しくなっています。

政府は宇宙戦略基金の運用目標を設定した。

これには、2030年代半ばまで毎年30個のロケットを発射することと、2030年代初頭まで月と火星を越えた旅行に関連する10以上のプロジェクトに民間部門企業が参加することが含まれます。

日本は昨年ロケットを2発だけ発射した。

2023年、全世界の総発売件数のうち、米国と中国がそれぞれ108件、68件を発売しました。

研究開発を主要業務とするJAXAは、今や日本を宇宙事業のスターにする厳重な責任を負っています。

対象技術を開発できる企業と大学を選択し、作業の進捗状況を監視し、パートナーに専門的なアドバイスを提供することで、運用目標を達成する責任はJAXAにあります。

国政院は民間企業と政府省庁を活用し、社内部門でキャリアを積んだ人材を募集し、彼らの専門知識を活用して最適な企業と大学を発掘した。

多くの企業や大学の研究状況を同時に理解、管理、確認し、適切な結果を導き出すのに役立つことが必要です。」とUchidaは言います。 「JAXAに関連する4つの政府省庁および機関は、進捗状況と結果を適切に監視できるシステムを作成する必要があります。」

READ  グローバルサプライチェーンは現代経済の中枢
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours