日本、宇宙瓦礫との戦争のために世界初の木造衛星発射

1 min read

LignoSatは、強度と作業性を考慮して選択されたモクレンの木で作られています。

日本の研究者たちは、世界で初めて9月に宇宙に発射されるリグノ衛星(LignoSat)という小さな木々の衛星を製作しました。 この革新的なプロジェクトは、地球大気への再進入時に完全に燃焼し、宇宙ごみを減らすことを目的としています。

LignoSatは京都大学と伐採会社である住友森林の共同努力です。 2020年4月に開発が始まった衛星は、各辺の長さが10cmに過ぎず、桜、白樺、モクレンの木チップに対して宇宙露出テストを行った後、強度と作業性を考慮して選定されたモクレンの木で作られました。 木材は住友林業の会社の森で調達されました。

伝統的に、衛星は金属製で、大気中で燃焼すると有害な残骸を生成します。 この残骸は、運用中の衛星や宇宙船に深刻な脅威となる可能性があり、研究者は木材衛星がより持続可能な解決策を提供できると信じています。

NDTVの最新速報

宇宙飛行士であり、京都大学の特別教授のドイ・タカオ(Doi Takao)は記者会見で「金属で作られていない衛星が主流にならなければならない」と述べた。

LignoSatは9月、ケネディ宇宙センターでSpaceXロケットに載せて発射される予定です。 この宇宙船は国際宇宙ステーション(ISS)に渡され、極端な温度変動に耐える強度と能力を評価するための一連のテストのために配置される予定です。

住友林業広報担当者は、「データは衛星からの変形の兆候と衛星が膨大な温度変化に耐えることができるかどうかを確認できる研究者に送信されるだろう」と述べた。

この先駆的なプロジェクトは、宇宙ごみとの戦いにおける重要な進展を表しています。 成功すれば、LignoSatは次世代の環境に優しい衛星のための道を開くことができます。

このニュースは、LignoSatの開発に関する2024年2月の以前の報告に基づいています。 この報告書は、宇宙汚染に対処する可能性がある衛星の可能性を強調し、燃焼特性のためにモクレンの木を使用することを強調しました。

(機関の意見に基づいて)

READ  日本が旅行を歓迎しながら国境再開を考える
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours