経済

日本、安倍晋三元首相局長に反対する日本人極少数

©ロイター。 FILE PHOTO:2022年7月12日、日本東京の日本自民党本部で総選挙出馬を宣言した安倍晋三元日本首相の写真が見られる。 ロイター/キム・ギョン

東京(ロイター) – 日本国民の半分以上が今月暗殺された安倍晋三元首相の葬儀計画に反対することが分かった。

内閣は9月27日、東京の日本武道館で日本で最も長く在任したが、分裂を起こす安倍首相の局長を開くことにした。

土・日曜日、刑務所通信が実施したアンケート調査で、回答者の約53%が安倍首相の局長に反対して局長を好むという45%を超えたことが分かった。

安倍首相の側近である岸田文雄首相は、彼の葬儀費を国庫で充当することに決めた。 元首相の最後の国家財政支援葬儀は1967年であり、その後の葬儀は国と自民党が共同で資金を調達し、安倍首相は依然として影響力のある党員として残っています。

世論調査で岸田内閣に対する支持率は12.2%下落した51.0%で、10月の執権以後、刑務所世論調査で最低値を記録した。

READ  日本の男性、同胞のために状況を記録するためにキエフに滞在する

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close