日本、実験的な防御技術を搭載した新しいH3ロケットを破壊する

1 min read

東京 — 日本宇宙局は、20年余りで初めて実施する新しいロケットシリーズの第2段階で点火が失敗したため、火曜日の発射数分で新しいH3ロケットを意図的に破壊しました。

ロケットには、災害対応や地図作成のための地球観測やデータ収集を主に行うALOS-3(Advanced Land Observation Satellite)とミサイル発射を含む軍事活動を監視できる国防部が開発した実験用赤外線センサーが搭載されていました。 。

教育、文化、スポーツ、科学、技術の大臣である葛彦原氏は、前世代のALOSに代わる代替衛星発射の計画はないと述べた。 彼は、遅延が災害やミサイルの検出能力に影響を与える可能性があるかどうか、どのように影響を与える可能性については言及していません。

別の欠陥のために打ち上げが中断されてから3週間で、H3の失敗は日本の宇宙プログラムとおそらくミサイル検出プログラムに支障をきたし、火曜日の再試験を応援する宇宙ファンには失望でした。

白髪のH3ロケットが日本南部の谷間島宇宙センターから青空に飛び上がり、ファンや地域住民は歓声を上げました。 計画された軌跡に沿って2段が設計通りに分離されたが点火に失敗したと日本航空宇宙研究開発機構(JSA)が明らかにした。

JAXAの関係者は、失敗に対して謝罪し、ミッションを完了する希望がないため、発射約14分後にロケットを破壊するように命令したと述べた。

Yasuhiro Funo JAXAの打ち上げ実装責任者は、第2段階とマウントがフィリピン東海岸の深海に落ちたと述べた。 彼は多くの燃料を積み上げ、目標軌道に入ることができないロケットは安全ではなく破壊しなければならないと述べた。

ロケットの破壊や落下瓦礫による損傷や怪我は報告されていません。

今回の失敗は去る10月、科学衛星を発射するように設計されたより小さなエプシロンシリーズ固体燃料ロケットが失敗した後6ヶ月ぶりに2番目だ。

H3発売もエンジン開発遅延で2年以上保留された。 2月の発射試行中、メインエンジンの点火後の電気欠陥により離陸直前に発射が中断され、ようやくロケットを救いました。

更なる遅延が予想されるが、JAXAの関係者は誤動作を分析し、信頼を再構築することが優先であると述べた。

山川宏(HIROHI Yamakawa)JAXA会長は共同記者会見で「私たちの最優先課題は原因を探し、ロケットに対する信頼を回復するためにできることをすべてすることだ」と話した。 「私たちは、次の打ち上げを成功させるために何をすべきかを把握する必要があります。」

山川氏は、グローバル競争力が依然として重要だと述べた。 「遅延と追加費用ともに負担になるが、衛星輸送において費用とユーザー利便性の面で国際的な総合競争力を確保する」と話した。

H3ロケットは22年余りぶりに日本初の新シリーズで、JAXAと三菱重工業が2000億円(米ドル10億ドル)をかけて日本H-2Aロケットの後続で開発し、その後退役する予定だ。 今後50回発売。

長さ約60メートル(196フィート)のH3は、53メートル(174フィート)H-2Aよりも大きなペイロードを運ぶことができます。 しかし、より多くの商業発売顧客を確保するための努力の一環として、設計、製造、運用を簡素化し、発売コストを約半分から約5千万円に削減しました。 水素燃料のメインエンジンは新しく開発されており、燃焼方式を変更してより少ない部品を使用しています。

宇宙発射事業は、SpaceXやArianespaceをはじめとする大手企業との競争が激化しています。

READ  ブリストルチップメーカーGraphcoreが日本のソフトバンクに買収
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours