日本、家族性アルツハイマー治療薬臨床試験開始

Estimated read time 0 min read

日本の研究チームが家族性アルツハイマー病治療の効果と安全性を確認するために国際臨床試験を開始しました。

最近の発表によると、新潟大学と東京大学の研究チームは、アルツハイマー病薬であるレカネマブと開発中の新薬の併用投与をテストする試験を開始しました。

これはレカネマブと他の薬を組み合わせた世界初の臨床試験です。 研究チームは今回の臨床試験が新しい治療法開発につながることを願っている。

家族性アルツハイマー病の症状は主に30~50代に現れます。 患者は全アルツハイマー病患者の1%未満を占めます。

家族性アルツハイマー病の原因となる遺伝的異常を受け継いだ人々は、しばしば親に似た年齢で症状を示します。

この病気に対する効果的な治療法はまだ開発されていませんが、この病気は脳にアミロイドベータとタウタンパク質が蓄積して発生することが知られています。

臨床試験は16カ国で行われている。 日本では30~50代4人が参加する。

すべての参加者にレカネマブを投与しながら半分には新薬も、残りの半分にはプラセボも投与した。 研究者たちは4年にわたって脳のタンパク質蓄積と治療効果を調査する予定だ。

池内岳新潟大学教授は「臨床試験で治療剤の効果が立証されれば、多数の患者に影響を及ぼす散発性アルツハイマー病治療剤の開発につながると期待される」と話した。

READ  現代、月探査船の開発(発射予定、道路状況が悪いからではない)•The Register
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours