経済

日本、小笠原諸島の沿岸ギョンビソンを配置して、中国の影響を確認し-ANI

東京 [Japan]、2月12日(ANI):日本が初めて中国船舶に対応するため、東京から南に約1,000km離れた小笠原諸島の沿岸警備隊スンチャルソンを配置します。
このセキュリティ対策は、島の近くの日本領海内外での中国船の違法行為に対応するためのものです。
日本の沿岸警備隊は、今後数ヶ月の間に180トンスンチャルソン三日月を小笠原諸島に配置して、そこに駐留する将校の数を増やすと発表しました。 以前に沿岸警備隊は、東京のすぐ南にある横浜にある本社で船舶を派遣して、島の近くで発生した事故に対応する必要がしたSouth China Morning Postが報じました。
2014年初め、日本の領海でのサンゴの密猟など島の周辺の違法行為に11人が逮捕されました。
日本の排他的経済水域(EEZ)の違法操作の措置を取って、政府は、罰金を千万円(94,782ドル)で3000万円(284,347ドル)に引き上げて、検査拒否の罰金は30万円(米ドル)から引き上げた。 2,843)〜300万円(USD 28,434)。
SCMPによると、東京は違法漁業による経済的被害への懸念に加え、日本の領海とその周辺の海底地理および構成に関するデータを収集しようとする中国の努力に驚きを隠せませんでした。
昨年1月には、東京は沖ノ鳥島周辺の日本EEZ内で、中国国家海洋庁が運航する船舶が監視された後、外交経路を通じて北京に抗議しました。
調査船は、石油と天然ガスを含む海底下の自然堆積物を調査しようとしたが、アナリストは、中国の潜水艦艦隊が太平洋に出撃することができる深海通路をマッピングしたこともあるとSCMP見ました。 。

一方、日本は最も南にある環礁島で認識すべきだと主張し、したがって周辺40万平方キロメートルをEEZであると主張することを許可します。 この水は、重要な漁場であるだけでなく、研究によると、海底下に希土類金属を含む重要な天然資源があることが明らかになりました。
しかし、中国、韓国、台湾は沖ノ鳥島が人為的に構築された環礁に満潮より16cm程度高いところだと主張する。 その点を考えると、彼らは島の国連の定義を満たしていないと主張します。 主に人間の習慣をサポートするのに十分に大きいことであり、したがって、日本は周辺海域の権利がないとSCMPは報告した。

沿岸警備隊は、三日月を派遣して、「島の近くにある外国船舶の不法作戦を厳格に処理する」と明らかにした。
SCMPは、Daito Bunka大学の国際関係の教授であり、権威あるGarren Mulloyは「この海域で、中国の船舶による不法操業について東京から多くの懸念があります。特に横浜に停泊した船舶の長い反応時間を考えると、「国防の問題。

中国政府の監視船は「より複雑な」問題と、彼は、日本が船舶の目的について挑戦して、日本海域を離れるよう要求し、それが達成されるまで、侵入者を非表示にみられる日本の対応と「より複雑な」問題とSCMPは報道した。
もし中国が沖ノ鳥島周辺のEEZの東京の制御を受け入れなければ、それは双方が東シナ海の尖閣諸島周辺状況と同様に、対立することになるでしょう。
東シナ海の無人島尖閣諸島は日本が支配しているが、中国と台湾がそれぞれディア誤りとティアオユタと呼ばれる所有権を主張しています。

東京早稲田大学の国際関係の教授であるToshimitsu Shigemuraは、日本が中国の「挑発的」作戦でかなりの上昇を見せているとSCMPは報道した。
「私は中国が大統領の反応を見るために、いくつかの方法で、日米安保同盟の力を試験しようと努力することを期待します。 [Joe] バイデンは、「尖閣島周辺で、より多くの活動を見ることができると考えており、再び日本の海域に入ろうと試みる中国漁船が多い面驚くことではありません。

彼は「東京とワシントンの共同対応は、中国の次の段階に影響を与えるだろう」と述べた。 これは、追加のテストまたはより多くの現状維持の状態に復帰することです。 (ANI)

免責条項: 上記の記事に表現された見解は、著者の見解であり、必ずしもこの出版社の見解を示したり反映することはありません。 特に指定されない限り、著者は自分の個人的能力に文章を書いています。 これは、意図されたものではなくいくつかの機関や機関の正式なアイデア、態度や政策を示すものと考えてはいけません。


READ  台湾、TSMCおよびその他のチップの製造元に世界的な危機の緩和要請

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close