経済

日本、弱い消費者、企業支出の第4四半期のGDP下方修正 WKZO | カラーマジュすべて

TOKYO(Reuters) – 2021年第4四半期の日本の強力な経済成長は、水曜日の修正された見積もりで下方修正され、記録的なCOVID-19感染とエネルギーコストの上昇による圧力が今四半期の萎縮のリスクを高めています。

ダウンレギュレートされた成長率は、ウクライナの危機と継続的な供給支障のために経済の不確実性が高まるにつれて、商品価格が急上昇するにつれて、国の脆弱な回復を軌道に乗らなければならないという政策立案者にとって悪いニュースです。

水曜日、内閣府が発表した水晶国内総生産(GDP)データによると、日本は10~12月に年率で4.6%成長しました。 これは先月発表された5.6%増加と予備数値である5.4%に対するエコノミストの予測中間値より低いものだ。

四半期ベースで、GDPは1.1%成長し、市場予想の1.4%増加に達しませんでした。

日本国内総生産(GDP)の半分以上を占める民間消費は10~12月前四半期比2.4%増加した。

国内全体の需要は、修正されたGDP数値に0.9%p寄与したのに対し、純輸出は0.2%p増加しました。

先週のロイター世論調査では、経済学者たちは1~3月四半期の年間成長率を0.4%と予測し、急激なオミクロンコロナウイルス変種感染とウクライナ戦争による不確実性を考えると、以前の予測値を下方修正しました。

(小宮関太記者、サムホームズ編集)

READ  東京は1年ぶりにインフレパルスを示しています

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close