スポーツ

日本、急増拡散によって東京では、ウイルスの警告拡大:: WRALSportsFan.com

– 日本は伝染性が強いコロナウイルスの亜種が拡散して、東京オリンピックが行われることができるかについて疑問を追加するために、金曜日に首都の近くの3つの県、日本中部の4番目の地域でコロナウイルス警報レベルを高めることに決定しました。

政府は、首都圏の神奈川県、埼玉県、千葉県、日本中部の愛知県のアラーム状態を承認した。 この法案は、現長官がバーやレストランにより短い時間を命令して違反者に対する処罰とコンプライアンス者への補償を可能にすることです。

この措置は、月曜日に開始され、日本の「黄金の週間」休日が終わった後、5月11日まで継続されます。

加藤甲信閣僚は「感染がより拡散して、全国的に大きな復活を起こさないようにしなければならない」と述べた。

このような動きは、新たな感染が急増する中で、東京が警報を発したか、4日ぶりに出てきたものです。 ほとんどの場合はナイトライフやレストランに関連しているが、最近ではオフィス、老人介護施設や学校に広まりました。 専門家は、現在の拡散ウイルスの亜種は、より伝染性であり、若い人たちに深刻な事例を引き起こす可能性があると警告しました。

この急増はまた、7月23- 8月に予定さ東京オリンピック開催のために、多くの日本人の懸念を呼びました。 8.木曜日、最高与党議員は、オリンピックがキャンセルされる可能性があると述べた。

日本は伝染病が9,538人で始まった後、木曜日に4,576件の事例を追加して、合計52万2745件を記録したと保健省が発表した。 一方、日本のゆっくり動く予防接種キャンペーンは、2月中旬に始まって以来、人口の1%未満を占めました。

シュガー義久に首相政府は経済を悪化させることに消極的で、ウイルス対策措置を遅すぎる施行している批判を受けました。

新たな措置は、英国で初めて発見された新種ウイルスの亜種に起因する急激な急増に打撃を受けた地域を対象にします。 警告は、拘束力のある命令と一緒に提供していますが、バーやレストランは、午後8時にドアを閉め、住民に対する措置は、要求日、だけなので、いくつかの専門家は、その有効性を疑問します。

小池百合子東京支社は必須の労働者を除くすべての人に、東京と近隣県との間の通勤を中断することを促しました。 彼女は管理者が安全対策を従っていることを確認するために、レストランを調査し始めたと述べた。

専門家は、多くの人が限定的な生活に疲れていて、特に議員と官僚が、それらを無視するという反復的な報道後、公式の要求にあまり協力的だと心配します。 3月末23人の保健管理が深夜までレストランで食事をしながら大衆の怒りを呼び起こした。

政府ウイルスタスクフォース委員であるSatoshi Kamayachi博士は、保健システムが崩れることを防ぐべきだと強調して管理者に緊急状態に移行することを促しました。

緊急事態が発生した場合現指導者は非必須事業閉鎖命令を含むより広範な措置をとることができます。

READ  日本のラグビーシーズン開始がコロナ19 62件の演技

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close