日本、性平等世界118位に上がる

1 min read

日本は2024年、性平等の側面で146カ国のうち118位を記録し、前年度125位で上昇したが、依然としてG7国の中で最も低い。

6月12日に発表された世界経済フォーラムの2024年の性別格差報告書は、アイスランドが再び完全な性平等達成に最も近い国であることを示しました。

年次報告書は、教育、保健、政治、経済など4つの分野で性平等の程度を分析する。 完全な性平等を100%とします。

146カ国を対象とした最新報告書によると、全世界の性平等比率は68.5%で、2023年より0.1%ポイント上がった。

報告書は経済部門の性平等は改善されたが、政治部門の性平等は停滞したと明らかにした。

WEFは、現在の速度で世界が完全な性平等を達成するのに134年かかると推定しました。

日本の達成率は66.3%で、前年より1.6ポイント上昇した。 イタリアはG7加盟国のうち2番目に低い87位を記録した。

2006年のWEFの最初の調査では、115カ国を対象に実施されました。

以後、日本の順位は下落傾向を見せた。 他の国々が性平等の努力に進展している一方で、達成率は停滞したままです。

ギャップを減らすための日本の努力は、特に経済と政治の分野で顕著でした。

経済部門達成率は56.8%で、日本企業の管理職と役員職に女性が少ないことを反映した。

政治部門の割合は11.8%で、昨年秋女性内閣に歴代最多の5人を内閣に任命し改善された。

しかし女性議員の割合は10%程度に過ぎず、女性の政治参加率が低い。

アイスランドは93.5%の達成率で15年連続1位を占めました。 フィンランドが2位、ノルウェーが3位を占めました。

日本周辺国の中では韓国が69.6%で94位、中国が68.4%で106位を記録した。

最下位の国はスーダンだった。

READ  ロシア特使、日本北海道当局関係強化方案議論 - ロシア政治外交
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours