日本、悪口電話で中国への措置を求める

Estimated read time 1 min read

日本は中国当局に取り締まりを要求した。 福島1号原子力発電所で処理された放射性水を海に放出したという議論があった後、日本の個人と企業に悪口を浴びせる電話。

平日、日本大使館は去る26日、中国SNSウェイボに声明を掲載し、8月24日、浄水・希石水太平洋放流と関連して中国から日本にかかってきた電話をいじめる行為について抗議した。

彼らは、対応する電話通話を「犯罪行為」と規定し、中国政府に法律に従って厳正な措置を取るよう要請した。

中国人と推定される青年が日本に無作為に電話をかけ、中国政府の制裁措置の説明を要求する姿が中国SNSに流布された。 日本から輸入されるすべてのシーフード。

日本は、水放出プログラムがプロモーションにとって重要な段階であると言います。2011年東日本大震災とそれに伴う津波で触発された三重メルトダウン以後原発を閉鎖しなければならない状況だ。

大使館は状況を悪化させないために、去る8月24日から中国に居住する日本人たちに野外で不必要にまたは大声で日本語を使用しないことを要請してきた。

ある関係者は「8月24日から大使館へのいじめ電話通話が急増した」とし「8月26日、外交公館で開かれる予定だった音楽イベントが安全問題で取り消された」と話した。

8月26日現在、福島問題と関連して日本国民や日本企業からトラブルが発生したという報告は出ていない。

しかし、福島自体で、現警察は食堂を含む多くの事業体が被害を受けたと報告しました。 8月24日から26日まで中国の国番号「86」が表示された一連の電話。

通貨内容は、処理水放流を中心としたものと推定される。

現警察は、被害者に中国人の発信者を防ぐために国際電話が「大量」につながることを遮断するシステムを考慮することを勧告しています。

県のあるレストランの主人は朝日新聞に「86番で始まる電話が8月24日から始まり、8月26日までレストランに40~50通の電話が受け付けられた」と話した。 通話は日本語で「モシモシ」、「ゴンニチと」のような挨拶で始まり、続いて中国語で一方的な対話が続いた。

彼は「私たちの食堂が直接不便になるとは想像もできなかった」と同僚も同様の電話を受けたと付け加えた。

「私はこれが処理された水の放出に対する外国の反応の1つだと思います。 政府が外交チャンネルを通じて適切な措置を取ってほしい」と話した。

東京の江戸川区文化センターは、8月24日から26日まで86という接頭辞が表示された電話が複数通受付されたと明らかにした。 区役所関係者は、この電話によって合法的な電話が接続されなかったため、この問題を警察に報告した。

READ  日露経済関係の課題と機会 - 外交官
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours