日本、悪天候でH3ロケット2次発射延期

Estimated read time 1 min read

日本航空宇宙探査局(JAXA)は、悪天候予測により、新しいH3主力ロケットの第2モデルの発射日を当初計画していた木曜日よりも延期すると火曜日に明らかにした。

新しい発売日は今後発表される予定だ。 日本南部の打ち上げ場所である谷鹿島宇宙センターの気象条件は金曜日遅く回復するものと思われると、JAXAのH3プロジェクト管理者である岡田正志が記者会見で語った。

今回の発射は去る3月、日本の新型ロケットの初飛行失敗により陸上観測衛星が失われ、日本衛星及び惑星探査計画が広く中断されてから約1年ぶりに行われる予定だ。

JAXAは、H3ロケットの2段エンジンが点火しない事故の直接的な原因を特定することはできませんでしたが、10月に発表されたレビューでは、3つの電気的欠陥の可能性をリストし、是正措置を実施しました。

今後のH3発射は「試験飛行」として特徴づけられ、また別の衛星を失うかと思ってダミー質量を運ぶ。 2つの地球観測用のマイクロ衛星(1つはCanon Electronics、もう1つはSeirenが提供)が補助ペイロードとして搭載されています。

JAXAと主要請負業者である三菱重工業が開発したH3は、20年後のH-IIAロケットを置き換え、発射あたりのコストを半分に減らし、約50億円(3340万ドル)に減らしました。

先月、SLIM宇宙船の歴史的な「正確な」月着陸に続いて成功したH3飛行は、中国の軍事と技術力のバランスウェイトとして、近い同盟国であるアメリカに日本の宇宙能力を見せるでしょう。

READ  コーヒーを飲むと、2型糖尿病のある成人の腎臓機能を保存するのに役立ちます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours