スポーツ

日本、感染の鈍化にCOVID-19制限を完全に解除

東京(AP) – 水曜日、岸田文夫(Kishida Fumio)日本首相は、伝染性の高いオミクロン変種による新しい感染が遅くなるにつれて、3月21日にコロナウイルス制限を完全に解除する計画を発表しました。

岸田首相は、水曜日の記者会見で、東京地域を含む18の県で現在実施中のCOVID-19制限が月曜日に計画通りに終了すると述べた。 軌道に。

日本が1月初め以降、初めてウイルス制限が解除されます。

日本の毎日の件数は、2月上旬に100,000件を超えて最高値を更新した後、最近数週間で着実に減少しました。 新しいケースは約半分に減少しました。

オミクロンはほとんどの人に軽度の症状を引き起こし、死亡率は依然として低いですが、最新の流行は日本でこれまでで最も致命的なものです。 なぜなら、患者の総数が以前の流行よりも数倍多かったからです。 しかし、2年前に感染症が始まって以来、日本の死者は合計約26,000人で、他の多くの国よりも著しく低いです。

ほとんどの犠牲者は、ウイルスに感染した後、基礎疾患が急激に悪化した高齢患者であったと専門家たちは言った。

Kishidaは、すべての自治体が準備されるまで追加の接種を延期し、ウイルスが全国に急速に広がることを可能にするという批判に直面しています。

彼の政府はその後ブースタープログラムを加速するためにバルク接種センターを開いた。 65歳以上の人口の約72%が3回目の接種を受けましたが、追加ワクチン全体は人口の3分の1に過ぎませんでした。

専門家は封鎖解除後に感染が再び発生する可能性があり、注意を求めた。 オミクロンの亜種は、徐々に全国の主要な株に代わっている。

一部の地域では、病院のシェアは依然として50%を超えており、経口抗ウイルス薬は予想以上の人に配達されていません。 岸田政府は、輸入された2つの経口用錠剤の数百万の用量を確保することを約束したが、広く使用されていない。 1つは大きすぎて飲みにくく、もう1つは他の多くの薬と一緒に使用することはできません。

現在進行中のコロナ19制限措置は、営業時間の短縮が要求される食堂に主に制限される。 一般の人々はまた、在宅勤務、パーティーや大規模なイベントを避け、公共の場所でマスクを着用し、その他の基本的なウイルス対策に従うように依頼されました。

READ  スポーツ名誉の殿堂のイベントのための有名な元NHLの審判招待講演者

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close