トップニュース

日本、感染症以前のレベルで二重の福祉相談

日本の福祉部が集計した予備データによると、日本で財政的困難を経験している人々の相談件数が、2019年の感染症レベルで2021年度上半期に2倍以上増加しました。

4〜9月の期間の急激な増加は、昨年の夏の第5回コロナウイルス感染で失業したり、給与削減を経験した人々の相談回数が増加したことを反映したようです。

2021年10月23日、東京・池袋地域の公園で非営利団体が助けを必要とする人に無料で食べ物袋を提供します。 (刑務所)==刑務所

厚生労働省によると、全国約900の市町村が指定した福祉館の相談は、2019年に12万4439件から1年間で合計30万7072件に増えた。

第5波の間、日本は記録的な数のCOVID-19事例を記録し、政府はいくつかの県に新しい緊急事態を宣言しました。

政府データによると、今年約43,000人がファンデミックによって解雇されたり、雇用が終了した。

オミクロンの変種感染者が増え、食薬処は多くの公共施設が閉鎖する年末年始にも宿舎を探すなど助けが必要な人々に役立つ支援を地方自治体に要請した。

2020年度上半期より最近の数値が下落し、雇用状況が改善の兆しを見せているが、女性と非正規職を多く雇う宿泊業や外食業は依然としてウイルスの大きな打撃を受けています。

自治体は、福祉官を通じて支援を必要とする人のアドバイスの要請を安全網レベルで当局が要求する前にまず処理する。

日本で約120万人の労働者を代表する全国労働組合総連盟(National Confederation of Trade Unions)の小一黒沢小一(Koichi Kurosawa)の上級管理は「女性の相談回数が著しく増加したことを確認した」と述べた。

警察庁の資料によると、2021年の男性の自殺件数は1年前より減ったが、女性の自殺件数は同じ水準にとどまった。

貧困層を支える東京に拠点を置く非営利団体は、感染症のため貯蓄を使い果たしたり、精神的に打撃を受けたりして、食べ物を探している人々が昨年に比べてより多くなったと話しました。

NPO Moyaiの責任者である錦織氏は、「一度も貧困に陥った経験がないため、支援を受ける資格があることを理解していない人がいます」と語った。


関連する適用範囲:

日本は、COVID-hit経済に対するパッケージ資金調達のための記録的な追加予算制定

岸田日本首相、オミクロン変種恐怖の中で「最悪に備え」

日本銀行、経済成長、価格予測、緩和政策の維持


READ  プライベート・エクイティ、Siege of Japan Inc.

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close