日本、打ち上げ数分で旗艦H3宇宙ロケット破壊

1 min read

地上観測衛星を載せたH3ロケットが3月7日、日本南西の谷間島の谷鹿島宇宙センターで発射された後、空中に浮かぶ(ロイター通信)。

日本‘S スペース 機関は新しいH3を破壊するよう強制された。 ロケット 火曜日の発射直後、第二段階の点火が失敗した後。

H3ロケット – 運搬 衛星 日本南部の谷間島宇宙センターで発射された軍事活動を監視するように設計された実験用センサーが、ファンや地域住民の歓呼の中で空に上がりました。

地上観測衛星を積んだH3ロケットが南西部の鹿児島島の玉子島宇宙センター発射台から離陸している。

地上観測衛星を積んだH3ロケットが南西部の鹿児島島の玉子島宇宙センター発射台から離陸している。

発射体は計画された軌跡に従い、点火が失敗する前に計画通りに第2段階が分離されたと日本航空宇宙探査局(JAXA)が語った。

JAXAは、点火失敗によりミッションが完了する希望がないため、ロケットを破壊する命令を送ったと述べた。

ロケットの残骸はフィリピン東海域に落ちると予想された。

ロケットには、災害対応と地図作成のための地球観測およびデータ収集を主任とする先端地上観測衛星とミサイル発射を含む軍事活動を監視できる国防部が開発した実験用赤外線センサーが搭載されていた。

別の欠陥のために発射が中断されてから3週間で発生したH3ロケットの失敗は、日本の宇宙プログラムに新たな挫折を与え、火曜日の再試験を応援する宇宙ファンに失望を呼び起こしました。

当局は火曜日事件の原因を調査しており、火曜日午後の記者会見で早期調査結果を発表すると予想されます。

観衆が日本の次世代ロケット打ち上げを見守っている。  (AFP via Getty Images)

観衆が日本の次世代ロケット打ち上げを見守っている。 (AFP via Getty Images)

今回の失敗は去る10月、科学衛星を発射するように設計されたより小さなエプシロンシリーズ固体燃料ロケットが失敗した後6ヶ月ぶりに2番目だ。

H3発売もエンジン開発遅延で2年以上延ばされた。

先月発射試み中、主エンジン点火後の電気的欠陥で離陸直前発射が中断され、ギリギリロケットを救った。

22年余りぶりに日本初の新シリーズであるH3ロケットは、JAXAと三菱重工業が日本H-2Aロケットの後続で2000億円(12億3000万ポンド)の費用で開発しました。 今後50回発売。

長さ約60mのH3は、53m H-2Aよりも大きなペイロードを搭載できます。

しかし、より多くの商業発売顧客を確保するための努力の一環として、設計、製造、運営を簡素化し、発売コストを約半分の約5千万円(3億600万ポンド)に減らしました。 水素燃料のメインエンジンは新しく開発されており、燃焼方式を変更してより少ない部品を使用しています。

宇宙打ち上げ事業は、Elon MuskのSpaceXやフランス企業であるArianespaceをはじめとする大手企業との競争が激しくなっています。

READ  日本の天皇、ゲームに拡散されるCOVID-19について「懸念」-Kyodo | オリンピック
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours