日本、技術協力提案| エクスプレストリビューン

1 min read

ラホール:

Maryam Nawaz Sharif首相は、パンジャブ地域の日本企業への投資機会を強調し、この地域が主要消費者市場として浮上していると述べた。

貿易、ビジネス、投資関係の強化のための可能な機会が議論された和田光博日本大使との出会いで、彼女は「パンジャブには日本企業に良い投資機会があります」と話しました。

彼女は「パンジャブの熟練した青年人材が日本機関で類例のない成果を出すことができる」と付け加えた。

今回の会議では、パンジャブと日本の文化・教育代表団の交流も議論された。

首相は「パンジャブと日本の人的交流は両国関係の発展に不可欠だ」と話した。 パンジャブと日本の学生と教職員プログラムの広報も会議で原則的に合意された。

和田光広大使は「日本はパキスタンとの関係を非常に重要に考える」と話した。 我々は、技術開発のためにパンジャブ政府と協力することにした。

大使は、11人のパキスタンの学生が修士および博士号の奨学金制度に従って日本で勉強していると首相に知らせました。

彼は「パキスタンでは公共福祉のための日本の様々なプロジェクトが進められている」と付け加えた。

5月20日The Express Tribuneに掲載仕事2024.

READ  バイデンは産業ルネサンスが欲しい。 移民改革がなければできません。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours