技術

日本、技術流出防止のため外国人研究者審査の強化

日本は技術流出を防ぐための措置の一環としてビザを申請する外国人研究員に対して勤務履歴の公開を要求するなど審査手続きを強化した。

日本に入国しようとする外国人研究者は、過去の研究論文と雇用主の資格証明書を提出しなければなりません。 旅行目的と日本、日経アジアでの滞在場所を報告しなければなりません。 報告した。

日本の大学は、キャンパス内のスパイ行為を防ぐために留学生や学者の調査を強化するよう求められた。

新しいガイダンスによれば、大学は背景調査を実施し、外国政府や国防関連機関に関連する人などの関心のある人を報告する必要があります。

新しい審査は、移民ビザ手続きの上に追加の階層として設計されています。

例えば、最近まで政府の支援を受けた中国の学者は、日本で最先端のレーダー技術博士課程を踏んで帰国し、軍事目的で研究を遂行するのに困難はほとんどありませんでした。

同じ学者が大学の理解度が高い米国では、高リスク候補者として拒否された可能性があります。 個人と一緒に輸出管理違反に対して責任を負うことがあります。

日本の多くの大学は、人口の高齢化で学生の年齢の人口が減少し、外国人がライフラインを提供するにつれて、その場所を埋めるために必死です。

政府データによると、2020年に日本の外国人大学生279,597人のうち中国人が44%を占め、2019年に日本の研究者が最も多く訪れる場所はアメリカで、中国がその後に続いた。

米国連邦を毀損する中国の努力

上院国土安全保障委員会のメンバーであるRob Portman上院議員(R-Ohio)が報告書を発表しました。PDF先月、中国が少なくとも2013年から米国連邦準備制度(Fed・連준)を狙った努力を詳しく説明した。

報告書は、中国が金銭的利益やその他の恩恵を受ける対価で情報を共有するために米国に基づいた経済学者を募集しようとしていると述べた。

ヨンジュンは、13人の関心対象が中国人材採用担当者と関連しているか、「潜在的な懸念」とみなされるパターンを持っていることを確認しました。 報告によると、「P-ネットワーク」と呼ばれるこれらの個人は、8つの地域連邦銀行で働いていました。

ポートマンは「今回の調査は影響力を行使し、情報を盗むための中国の悪意のある努力が科学技術分野だけに限られたのではなく、米国の経済および通貨政策も中国政府の標的になっていることを示している」と話した。

報告書は、この問題が「連邦準備制度(連邦)の内部防衛能力不足や連邦法執行機関および情報機関との十分な継続的な協力」によって悪化したと述べた。

報告書は「このような格差を放置すれば、中国が米国金融システムの整合性を破壊し、米国国家安全保障を脅かすことができる開かれた道を開き続けることができる」と話した。

ロイターはこの報告書に貢献しました。

フォローする

Aldgra Fredlyは、マレーシアに住むフリーランスの作家で、Epoch Timesのアジア太平洋ニュースをカバーしています。

READ  活動家たちは、日本の生の緑の芽を育てることです

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close