日本、技術研究分野における日本のグローバルな立地を活性化するため、若手研究者の財政支援を強化

Estimated read time 1 min read
読売新聞資料写真
教育文化体育科学技術部

文部科学省は、低迷した日本の研究能力を強化するために、人工知能、医学など先端技術分野の国際共同研究に従事する若い研究者グループに対する財政支援を始める計画だ。 国土部の支援には、日本からの旅行費や研究会の開催費用が含まれます。 本部は、この計画が海外の先導的な研究者との交流を促進することで、日本の研究能力を強化し、有望な共同研究結果を達成できることを願っています。

日本の研究者は、国立大学の運営補助金の削減により裁量資金が制限されており、国際会議に出席するために必要な資金の確保に苦労することが多い。 多くの研究室では、これらのコストよりも機器や人員の支出を優先しています。

新しいシステムでは、若い研究者が米国、ヨーロッパ、オーストラリアなどの機関と協力して主導するプロジェクトのサポートが提供されます。 中国、ロシアとの合弁事業は経済安全保障上の理由から除外される。

財政援助には、具体的に旅行や宿泊費、研究修養場所費用、日本に招待された外国人研究者に対する報酬などが含まれます。 支援対象はAI、エネルギー、半導体、医学など8つの分野で先端研究を行うチームだ。 日本科学技術振興機構(JST)と日本医学研究開発庁(AMED)はすでに財政支援を受ける52チームを選定しています。

その中には米国と協力して次世代半導体研究を進行中の大阪大チーム、フィンランドと協力してAIと通信を融合した情報技術研究を進行中の東京大チームもある。

文部科学省は2022年に編成された基金501億円を活用し、2024年から本格的な支援を行う予定だ。 チーム当たり最大5億円を5年にわたり割り当てる。 2028年度までに合計166億円の補助金がサポートされます。 JSTが提供する資金の70%以上とAMEDが提供する資金の50%以上が、研究者間のネットワーキングと接続を確立するために使用されます。 有望な国際共同研究事業に参加し、優れた成果を創出する好循環構造を造成することが目的だ。

昨年、科学技術政策研究院が発表した統計によると、日本が引用上位10%に属する主要研究論文で歴代最低順位である13位を記録するなど、国際的地位が下落傾向を見せている。 コロナ19事態による旅行制限と経済的な理由で国際共同研究が減ったのも、若い研究者の海外留学意欲を低下させ、不振をさらに加重させた。

橋本和人JST社長は「今回の支援は、日本の研究者が国際知的ネットワークに参加し、研究能力を強化する機会になるだろう」と述べた。

READ  議論の余地がある国防研究に対する日本の選挙が意味するもの
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours