日本、拾いを本土野生に戻す手続き開始

Estimated read time 1 min read
読売新聞ファイル写真
2016年12月新潟県佐渡島上空を飛び回る狩り群れ。

今年は、日本の日本のトキ(下記参照)が日本で絶滅してから20年になる年です。

中国が提供したタオギを人工的に繁殖させ、この長い翼鳥の最後の自然生息地である新潟県使徒島の野生に放出するプログラムが正常に完了し、その数は現在500頭以上と推定されます。

環境省は、いつかはじめが本土の野生で生き残ることを目指していますが、人間と共存するには多くの困難があります。

国土部は昨年5月から6月まで自治体に2種の指定地域誘致を公開的に要請した。 一つは、取り込みを野生に返す保護区域であり、もう一つは移住時に着地点にストレスのない環境を提供できる人間と共有する空間だ。

返却地域について3つの地域連合が申請されました:新潟県と長岡を含む県の5つの自治体。 石川県と能登半島の9つの市町村島根県出雲市。

当時、新潟県グループが一番好きだと考えられていました。 長岡は狩り飼育センターがある所で、使徒は狩りが2008年から放流された所です。 しかし、グループは昨年12月に申請を撤回しました。

「提案された地域の農家は、私たちが予想していたよりも多くの反対を表明した」と、県の自然共存事務所の責任者であるWataru Hoshino氏は述べた。 「すでに殺虫剤や化学肥料の使用を減らし、環境にやさしい農業を実践していますが、拾いの放流を控えて追加対策を立てなければならないので不安です。」

他の人たちは、鳥が水田で稲を踏むことを懸念して、トングを本土に復元することは容易ではないという印象を残しました。

ネットワーク構築

最終的に石川県9つの自治体と出雲1つの地域が帰還地域に選ばれ、東北地方と関東地方3つの地域が共存地域に選ばれました。

5つの地域は11月にネットワークを構築し、2025年度までに必要な環境条件を構築することにしました。

河野道一環境性希少種保全推進室長は「取る放流に必要な条件を早急に決定することを望む」と話した。

使徒島にある使徒拾い保護センターでは、2010年に斑点がほとんど野生の状態に適応していた私たちに入ったとき、9匹の拾いが攻撃を受けて殺された。 本土には島に住んでいない捕食者がいます。

東京農業技術大学のShinsuke Koike教授は、「木の乗り心地が良い外来種のアライグマは、狩りの巣に脅威となる可能性があります」と述べました。

能登半島には風力発電施設がたくさんあり、鳥が回転する風力タービン翼に不注意に飛んで怪我や死ぬ鳥ストライクに注意が必要です。

これらの脅威は、鳥を野生に戻すか、人間と共存する前に処理する必要があります。

伝統文化の中の場所

日本で生まれ育った狩りの羽は、日本の伝統文化でユニークな位置を占めています。

伊勢神宮が20年ごとに再建されると、神社の宝物のひとつであるスガリノオンタチ剣も新たに作られます。 取っ手にはさみの羽を付けているユニークなデザインの剣です。

神社の広報部長である佐藤大和は「神社の宝物が土種材料で作られるということは非常に意味が深い」と述べました。 「日本からの拾いを守ることは、伝統文化を伝承する面でも重要です。」

■取り出す

トキは、ペレカニフォームの首のThreskiornithidae科に属する大きな鳥です。 学名はNipponia nipponである。 大人は魅力的な羽で有名です。 かつて東アジア全域で一般的でしたが、明治時代(1868~1912)以降、日本では乱獲でその数が急激に減り、大正時代(1912~1926)には絶滅危機にさらされました。 1952年に特別天然記念物に指定され、1981年に人工繁殖のために最後の5匹が捕獲された。

READ  「個人訓練」の負傷、健康問題で日本で調査を開始
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours