経済

日本、放射モロに7億1500万ペソ割り当て

マニラ、フィリピン – 日本政府は、放射状で地域の経済発展を改善するために18億円(P715.6百万)の補助金を拡大しました。

国家経済開発庁(NEDA)と日本国際協力団(JICA)との間に締結された補助金協定は、放射貌の平和プロセスを促進し安定化するためのものです。

このプロジェクトは、Sultan KudaratとBasilanの地域労働力訓練センターと紛争地域の農産物の直接取引場を含む、この地域の社会経済的インフラを改善することを目的としています。 持続可能で弾力的で包括的な方法で放射状に人々の成長を生み出すことを目指しています。

坂本竹馬JICA代表は「今回の補助金支援事業が変化する時代の中で経済成長を遂げ、フィリピン全体の安定と繁栄に寄与することを願う」と話した。

社会経済企画部長官のカール・チュア(Karl Chua)は、政府が人々が技術開発、強化、市場貿易の改善を通じて権限を付与することにより、より容易にアクセスできる経済的機会を期待すると述べた。

2006年以来、JICAは再建と開発のための日本の放射状のイニシアチブを通じて放射状の平和構築プロセスを支援しています。

ミンダナオの平和と開発のための最近のプロジェクトには、ガバナンス基盤の構築、公共サービスの提供とコミュニティ開発の強化、JICAの専門家を特別顧問として派遣するためのラジオモロ総合能力開発プロジェクトが含まれます。

READ  日本の1月に工場の生産量が3ヶ月ぶりに増加し、小売売上高の減少| ロイター| 事業

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close