トップニュース

日本、政府用フロッピーディスクとの戦争宣言

日本の 新しく任命された 河野太郎デジタル大臣は 宣伝ポゴ 政府が依然として提出媒体として要求しているフロッピーディスクや他の形式の古い媒体に 約1,900 ビジネスアプリケーションやその他の形式の種類。 目標は、情報提出プロセスをオンラインに移行して手順を近代化することです。

河野は火曜日、日本で記者懇談会でこの計画を発表した。 ブルームバーグによると。 過去には法的問題によりクラウドデータストアへの近代化を阻止し、日本役所ではCDを頻繁に使用し、 ミニディスク、またはフロッピーディスクを使用して、公共および企業からの提出を受け入れます。 例えば日本の毎日新聞 報告 2021年12月、東京警察は38人の公共住宅申請者に関する情報を含む2つのフロッピーディスクを紛失しました。 Konoが率いるデジタルタスクフォースグループは、今年末までにこれらの問題を解決する方法を発表する予定です。

今月初めに就任した直後、河野は日本政府で技術現代化への熱望を明らかにした。 話す 日本の依存度について ハンコ COVID-19 ファンデミック期間中に手のスタンプと電子メールの代わりにファックス。 彼はまた話題について率直に言った。 Twitterで

記憶媒体としてのフロッピーディスク技術 日付をさかのぼる 50年以上。 ソニーは1983年に3.5インチフロッピーディスクをリリースし、一般的に最も人気のあるバリエーションで1.44MBのデータを保存します。 Sonyは2011年に製造を中止し、Taroは記者会見で「最近フロッピーディスクをどこで買いますか?」と尋ねました。

READ  日本のギャング組織員、民間人攻撃して死刑

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close