日本、新型主力ロケットの3次飛行にアップグレードされた観測衛星発射計画発表

1 min read

山口まり、AP通信

1ヶ月前

ファイル – 2024年3月21日木曜日、愛知県とび島にある三菱重工業の名古屋航空宇宙システムの作業日本宇宙局は発表しました。 去る4月26日金曜日、昨年デビュー飛行で失敗した核心任務である災害対応及びセキュリティ目的の観測衛星を搭載した新しい主力ロケットH3を6月30日発射する予定だそうです。 (AP Photo/Mari Yamaguchi)

東京(AP) – 日本の宇宙局は、金曜日に新しいフラッグシップロケットが3番目にテストされたため、衛星画像システムの大規模なアップグレードを開始する計画を発表しました。

H3ロケットが6月30日早い午後、日本南西部の島の鹿児島宇宙センターで発射される予定で、発射期間は7月末まで続くと日本航空宇宙探査局は明らかにした。

ロケットには、国防省が開発した赤外線センサーを使用して、災害対応や地図作成のための地球観測やデータ収集だけでなく、ミサイル発射などの軍事活動監視を主に行う先端陸上観測衛星ALOS-4が装備されています。 キャビネット。 ALOS-4は、現行のALOS-2の後続モデルで、はるかに広い領域を観察できます。

今回の打ち上げは2023年3月のデビュー失敗と2月17日に成功した打ち上げに続き、H3の3回目の打ち上げになるだろう。 最初の試みでは、ロケットの2段エンジンは点火されず、ロケットは主搭載量とともに破壊されなければならなかった。 、ALOS-3と推定される衛星。

H3 No. 2の成功した試験飛行中に2つの商業的に開発された観測用マイクロ衛星とALOSモデルを搭載しました。

JAXAと主要請負業者である三菱重工業は、2回の飛行をさらに終えた後、退役する予定の現在主力H-2Aの後継機としてH3を開発してきました。 MHIは最終的にH3生産を買収し、JAXAから発売する予定であり、商業的に成功することを願っています。

日本は、安定的で商業的に競争力のある宇宙輸送能力を国家の宇宙プログラムと国家安全保障の核心と見なしています。

57メートル(187フィート)の長さのH3ロケットは、発射コストの約半分でH-2Aよりも大きな搭載量を運ぶように設計されています。

READ  スルタン・アル・ネヤディ、UAE-日本心臓管理実験に着手
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours

日本、新型主力ロケットの3次飛行にアップグレードされた観測衛星発射計画発表

1 min read

山口まり、AP通信

1ヶ月前

ファイル – 2024年3月21日木曜日、愛知県とび島にある三菱重工業の名古屋航空宇宙システムの作業日本宇宙局は発表しました。 去る4月26日金曜日、昨年デビュー飛行で失敗した核心任務である災害対応及びセキュリティ目的の観測衛星を搭載した新しい主力ロケットH3を6月30日発射する予定だそうです。 (AP Photo/Mari Yamaguchi)

東京(AP) – 日本の宇宙局は、金曜日に新しいフラッグシップロケットが3番目にテストされたため、衛星画像システムの大規模なアップグレードを開始する計画を発表しました。

H3ロケットが6月30日早い午後、日本南西部の島の鹿児島宇宙センターで発射される予定で、発射期間は7月末まで続くと日本航空宇宙探査局は明らかにした。

ロケットには、国防省が開発した赤外線センサーを使用して、災害対応や地図作成のための地球観測やデータ収集だけでなく、ミサイル発射などの軍事活動監視を主に行う先端陸上観測衛星ALOS-4が装備されています。 キャビネット。 ALOS-4は、現行のALOS-2の後続モデルで、はるかに広い領域を観察できます。

今回の打ち上げは2023年3月のデビュー失敗と2月17日に成功した打ち上げに続き、H3の3回目の打ち上げになるだろう。 最初の試みでは、ロケットの2段エンジンは点火されず、ロケットは主搭載量とともに破壊されなければならなかった。 、ALOS-3と推定される衛星。

H3 No. 2の成功した試験飛行中に2つの商業的に開発された観測用マイクロ衛星とALOSモデルを搭載しました。

JAXAと主要契約会社である三菱重工業は、2回の飛行をさらに終えた後、退役する予定の現在主力H-2Aの後継機としてH3を開発してきました。 MHIは、最終的にH3生産を買収し、JAXAから発売する予定であり、商業的に成功することを願っています。

日本は、安定的で商業的に競争力のある宇宙輸送能力を国家の宇宙プログラムと国家安全保障の核心と見なしています。

57メートル(187フィート)の長さのH3ロケットは、発射コストの約半分でH-2Aよりも大きな搭載量を運ぶように設計されています。

READ  火星の洞窟の家を探すことはすでに始まっています
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours