日本、早ければ夏からAI規制議論

1 min read

日本政府協議会は、主に生成人工知能開発者を対象とした規制を今年の夏から議論することにしました。

欧州と米国でAI関連規制が具体化されるにつれて、日本は4月に作成された事業者指針と連携する法案の導入を議論すると協議会が水曜日に明らかにした。

水曜日、政府AI戦略協議会会議には、高一サナに科学技術政策賞をはじめ、専門家と内閣長官が参加した。

主に生成AI開発者を対象とする規定は、人権侵害、武器生産、犯罪、テロにつながるAI技術開発を防止するために検討される予定である。

委員会はまた、医療機器や自律走行車に生成AI技術適用によるリスクを緩和する必要性を考慮してAIサービスプロバイダとユーザーに産業別規定を適用できるかどうかも議論する予定だ。

悪影響を及ぼすリスクが低いと考えられるAI開発者、サービスプロバイダ、およびユーザーには、法律ではなくガイダンスが適用されます。

欧州連合(EU)は去る火曜日、AIの開発と使用を規制するAI法を制定した。 昨年10月、ジョーバイデン米国大統領はAI開発者に安全点検結果を報告するよう義務化する行政命令を下した。

日本は去る4月AI事業者に対する指針を発表し、自ら必要な措置を取るようにした。 しかし、一部の人々は正式な規制を要求した。

READ  日の出や日没から見たグリーンフラッシュは、「月・金星・水星」も| sorae宇宙へのポータルサイト
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours