日本、早ければ10月裁判所に統一教解散目標… 調査の結果、宗教団体が法律に違反したことを証明するために満たされた基準が提示された

Estimated read time 1 min read
読売新聞資料写真
東京渋谷区統一校日本本部。

中央政府は統一教の宗教団体を解散しなければならないと決定した。

これは宗教団体法による質問券行事と世界平和統一家庭連合元会員の証言などを通じて調査を進めた結果である。

岸田文雄日本首相はこの日の記者会見で「解散命令を請求できるかどうかを法律により判断して手続きを進める」と話した。

岸田委員長は、文部科学省が昨年11月から7回にわたって質問券を行使した事実について、「全グループメンバーを含め、多数の人々から証拠を収集している。 決定を下すために最終努力を傾けている」と明らかにした。

宗教法人法は、「宗教法人が法令に違反して公共福利に著しい害を及ぼすことが明らかに確認される行為」をした場合、裁判所が宗教団体の解散を命じることができると規定している。

命令が確定すると、宗教団体は宗教法人としての地位を喪失し、税制利益も喪失する。

政府は、解散命令の要求を正当化する法律および規制違反を結論づけるためには、組織的介入、悪意的、行為の持続性という3つの事項を立証しなければならないことを認識しています。 政府は、要求書を提出する前に省庁パネルの意見を参考にすることが予想される。

READ  マット・アキノ、日本が台湾を脱出しながら国家代表チームデビュー
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours