日本、昨年デビュー失敗後注目される2次試験で主力H3ロケット発射

Estimated read time 1 min read

東京 – 最初の発射が失敗してから1年で、土曜日の日本南西部の宇宙ステーションで、新しい日本旗艦H3ロケットが2番目の主要な試験飛行を通して離陸しました。

H3ロケットは、もともと予定された離陸が悪天候のために遅れてから2日ぶりに、鹿児島宇宙センターの発射台から発射された。

ロケットの初期飛行は計画通り順調に進行されたと日本航空宇宙探査局(JAXA)がリアルタイムストリーミングを通じて明らかにした。 JAXAはこの日午後、記者会見を開き、詳細を発表する予定だ。

今回の打ち上げは3月にH3のデビュー飛行が失敗した後、日本の宇宙開発のための試験で綿密に観察されている。 JAXAと主要請負業者である三菱重工業は、2回の飛行をさらに終えた後、退役する予定の現在の主力H-2Aの後継機としてH3を開発してきました。

READ  Western Digital、日本のKioxiaと合併議論の中で - ソース
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours