トップニュース

日本、最初の11週間にほぼ2,000件の梅毒事例を報告



ニュースデスク おっぱい

東京にある日本国立感染症研究所は、3月23日までに1,988件の梅毒事例を報告しました。

画像/DasWortgewand

東京で628人が報告され、大阪(183)、愛知(117)、埼玉(91)がその後に続いた。

日本では第二次世界大戦が終わった直後まで梅毒が蔓延したが、報告された総事例は反騰し始めた2011年まで毎年数百人に減少しました。

YouTubeでOutbreak News TVを購読する

日本が報告したものより 3年連続梅毒5000件 そして2年連続 6,000件以上– 2018年以前に日本で6,000件以上の梅毒事例を最後に見たのは48年前でした。

2021年日本は7,873件の梅毒事例で7,000件を超えました。

梅毒は、正しく治療しないと長期的な合併症を引き起こす可能性がある性病(STD)です。 成人梅毒の症状には、痛みのない潰瘍が含まれ、治療なしでは消え、かゆみのない体の発疹が続きます。 梅毒を治療せずに放置すると、神経および心血管合併症を含む身体損傷を引き起こす可能性があります。 梅毒はまた、HIV感染のリスクを高め、女性の場合、妊娠中および新生児に問題を引き起こす可能性があります。

READ  日本、車椅子ラグビー西オーストラリア破り銅メダル獲得

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close