トップニュース

日本、最初のASEAN石油共有取引ベトナム目標

日本は、日本が東南アジア諸国との最初の石油共有契約にベトナムを導入することを目的としていると、政府筋はNikkeiに語った。 東京が中断時、海外のサプライチェーンに油を中断することなく供給できるように努力しています。 。

この取引は、東南アジア諸国連合加盟国との石油共有協定を構築しようとする日本の試みの一部です。 一つの提案に基づいて、各参加者は、ガソリン、ディーゼル燃料、およびその他の石油製品と一緒に原油の個別埋蔵量を蓄積して供給停止に備えています。

日本とASEAN諸国の両方中東の石油に大きく依存しています。 しかし、日本は、1970年代のエネルギー危機の教訓である200日以上国内消費を余裕石油備蓄量を維持しているが、一部の東南アジア諸国は、供給が一ヶ月しかならないです。

BPによると、アジア太平洋地域での原油出荷の60%以上が中東で発生します。 このような流れの中断に対する脆弱性は、先月スエズ運河に巨大な貨物船が閉じ込められて所で原油に至るサプライチェーンを妨害しながら強調しました。 これは東南アジアで活動する日本の自動車メーカーや他のメーカーが直面しているリスクです。

日本政府は、石油共有提案を通じて、ベトナムに初めてアクセスしました。 コロナウイルス感染症が緩和されると、東京は早期に合意に達することを目標に積極的な議論を開始することを目指しています。

日本はまた、インドネシア、タイ、マレーシア、およびその他のASEAN諸国と同様の協力協定を締結するためのダイアログを進めています。 フィリピンの場合、日本は東京が石油備蓄計画の開発のためのガイドラインを提供する他の形式を考慮しています。

先月、国営の日本石油、ガス、金属工事(Jogmec)は、国際エネルギー機関(International Energy Agency)、およびその他のグループに参加して8つのアセアン政府代表と会議を開催しました。 そこで、日本側は、石油埋蔵量と協力の重要性について共通の理解を請願しました。

これとは別に、日本は、石油生産者との協力も模索しています。 12月に東京は、クウェートと日本の共同石油埋蔵量を構築することで合意しました。 この取引には、日本とクウェートが同意する予備費の一部を第3のアジアの国と共有することができるメカニズムも含まれています。

脱炭消化の世界的な傾向にもかかわらず、日本政府は、石油が短期的に主要なエネルギー源として残るだろうと信じています。 特にアジアでは、十分な経済成長と石油需要の急増を示すことが期待されます。

一方、日本は、中長期的に温室効果ガスの排出量を減らすことができる再生可能エネルギー源のような技術の採用をサポートしています。

READ  震度7.1の地震日本にクリニック揺れ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close