経済

日本、最大の貿易協定のもう一つのステップでRCEP批准

RCEP写真:VCG

日本は水曜日、中国、シンガポール、タイの類似措置に基づいて、地域包括的経済連携協定(RCEP)を承認し、これは世界最大の自由貿易協定の履行のためのもう一つの進展を意味します。

専門家は、今回の決定は、日本が米国との地政学的同盟にもかかわらず、中国市場への日本の輸出を促進する地域貿易協定を通じて、中国との貿易と経済パートナーシップを維持しようとする日本の熱望を反映すると述べた。

日本の議会は、中国、韓国、東南アジア諸国連合10カ国のを含むアジア太平洋15カ国が署名した貿易協定を承認したと共同通信が報じた。

水曜日現在、中国、シンガポール、タイにも批准手続きを完了しました。

中国がRCEP批准を主導した後、アジアの巨大で先進経済、日本のタイムリーフォローアップが2022年1月1日条約履行を推進するために重要なことです。 研究のZhao Gancheng上海国際学研究所では、グローバル・タイムズに語った。

「これは、日本が台湾と中国北西部の身長と関連地政学的問題で米国をどのように密接に従ってもまだ中国との貿易と経済パートナーシップを維持することを希望することを反映している賢明な決定」とZhaoは言った。

彼は「日本経済の回復が大流行とオリンピックの演技に影響を受けたため、今回の条約は、シュガー、政府が今年の普及を支援するための最も重要なカードになるだろう」と述べた。

この協定は、中国と日本の間の貿易と投資を大幅に増加させるものであり、アジア両方の主要経済国の間で自由貿易協定があるので、中国社会科学アカデミーの前日本学研究所副所長である中指ポンは言った。 水曜日にグローバル・タイムズ。

「この取引で、日本の輸出の80%以上が、膨大な中国市場への無関税アクセスを享受することがあり、その逆の場合も同様です。投資の自由化、知的財産の保護と人的交流も促進されるだろう」と彼は言いました。

中国商務部のデータによると、中国と日本の間の総貿易は2020年3175億ドルで、前年比0.8%増加したのに対し、日本からの中国の輸入は1億7,870億ドルで1.8%増加した。

投資の面で中国企業の日本国内のすべての部門への投資は、昨年3億6000万ドルで42%増加した。

Zhangはグローバル経済の原動力であるアジア経済がRCEPの案内に沿って、より緊密な地域統合を介して流行以来、回復を続け促進すると言いました。

昨年11月に署名されたこの協定は、約22億7千万人の合計GDPが26兆ドルで世界総額の約30%を占めています。

水曜日に発表されたアジア開発銀行報告書によると、開発途上のアジアの経済成長は、健康的なグローバル回復とCOVID-19ワクチンの早期進展により、2021年に7.3%に回復すると予想されます。

銀行は、今年、中国のGDPが8.1%増加すると予測した。

READ  アングル:政府・日銀の連携「主役」菅氏のアクションリクエストも - ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close