トップニュース

日本、最大1ヶ月までのウイルスの緊急事態の延長予定

日本は土曜日、東京と他の地域でコロナウイルス感染症の緊急状態を最大1ヶ月まで延長するための準備を開始ヘトダゴイ問題に慣れている消息筋は明らかにした。

日本の47県のうち11県を2月7日終了日以降に延長するかどうかの最終決定は、次の週に下されるだろうが、菅義偉首相に近い筋は、そのうちの8つの県の延長が避けられないとと述べた。 11県。

The eight are Tokyo、Kanagawa、Chiba、Saitama、Osaka、Kyoto、Hyogo and Fukuoka prefectures。

去る1月7日、東京と近隣3県に初めて宣言された緊急事態は6日後の7つの地域に拡大され、大衆に不必要に外出を控え、レストランやバーの営業時間を短縮するように要求した。

政府は、首都北部の栃木県で新たな感染が十分に減少したため緊急事態を解除することを考慮すると消息筋は伝えた。

しかし、ウイルスの緊急事態が発生した地域にウイルスが続い広がっている沖縄県を追加するかどうかを検討すると、彼らは述べた。

宮古島では、沖縄知事デニー玉木の要求に応じて、地上自衛隊から派遣された看護師5人、クラスタの感染が発生した療養施設で日曜日勤務を開始していました。 看護師は、2月13日まで、そこで働く予定です。

政府は来週医療専門家と協議して、残りの2賢人愛知県と岐阜県のコロナウイルスの事例が緊急事態が解けるのに十分減少したことを評価する予定である。

シュガーに会った関係者によると、シュガーは決定を下す前に、「もう少し状況を観察しなければならない」と述べた。 消息筋は、緊急事態がさら​​に3週間で1ヶ月間維持されることができると述べた。

ウイルス緊急事態を解消するためには、政府の4点尺度で最悪の4段階から状況が改善されなければならない。

ステップは、10万人当たりの週間感染することができ、現在の利用可能なCOVID-19患者の病状の割合を含む6つの主要な指標に基づいています。

東京、神奈川、大阪を含む8つの県は土曜日現在、10万人当たり週間感染件数の4段階にとどまっています。

東京は1月進入後、ほぼ毎日4桁の数の感染の増加を見せたが、最近では減少傾向を示しています。 首都は土曜日に769人の新しい事例を見ており、19人の死者が発生して累積合計99,208件と883人が死亡しました。

日本のコロナウイルスに対応担当大臣西村獣豊島(Yasutoshi Nishimura)は、金曜日の記者会見で、彼が「適切なタイミングで「健康の専門家諮問委員会の会議を開く計画だと明らかにした。 政府は彼らのアドバイスに基づいて、緊急延長を決定します。

消息筋によると、パネル会議は来週火曜日または木曜日に開かれることができます。

与党議員たちは、営業時間の短縮の要求に応える企業を新たにサポートを含む緊急事態が延長される場合は、追加支援措置を促しました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  日本の半導体メーカーRenesas、火に工場停止

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close