技術

日本、月探査のために次世代宇宙飛行士を求める

チェンナイ:

20歳の長崎は、「子供の頃、宇宙に興味があったことを覚えています。 しかし、高校時代にはやぶさ2プロジェクトを勉強し、それが魅力になりました」と話しました。 Hayabusa 2は、小惑星からサンプルを収集するために2014年に打ち上げられたJAXAミッションでした。 2018年はやぶさ2号探査船は小惑星162173リューグに着陸し、カプセルはサンプルを2020年12月に地球に戻しました。

任務が完了すると、宇宙船は用途が変更され、太陽系の端にある小惑星とのランデブーに送られました。 はやぶさ2号は発射されてから、合計62億キロメートル(38億マイル)の間太陽の周りを公転し、現在地球からほぼ9千9百万マイル離れています。 NagasakuはDWとのインタビューで「信じられないほどのパフォーマンスであり、そのミッションを通して本当に宇宙でキャリアを築きたいと思いました。

宇宙探査の次の波

そしてNagasakuはJAXAが探している候補者かもしれません。 11月末、JAXAは13年ぶりに次世代宇宙探検家のための募集を開始すると発表しました。 工学の学生として、長崎は宇宙プログラムが伝統的に科学、工学、数学の分野の人々を募集しているので完璧です。 しかし、JAXAは基準を拡大し、もはや芸術の学位志願者の資格を奪うことはないと述べた。

JAXAは、2023年初めまで宇宙飛行士訓練に進出する不特定「少数」で志願者を絞ると予想すると述べた。 最初の目標は、NASAが主導するゲートウェイプロジェクトの一環として、月を回る宇宙ステーションに日本の乗組員を含めることです。

ゲートウェイは月軌道を回る宇宙ステーションの建設と月面に永久的な基地建設を構想している。 このイニシアチブの重要な要素は、より多くの女性が宇宙飛行士になるよう奨励することであるとJAXAは言いました。 現在、日本の宇宙飛行士7人はすべて男性であり、2008年の最終募集に支援した963人のうち、女性は13%に過ぎなかった。 今回は女性が合格者の30%を占めることを希望している。

日本の2番目の女性宇宙飛行士である山崎山子(Naoko Yamazaki)は、このプロジェクトに女性を引き付けるキャンペーンの重要な要素です。

彼女は12月1日のオンラインイベントに参加しましたが、このイベントでプログラムサポートを検討している人は誰でもJAXA関係者と宇宙飛行士に質問することができます。 2010年NASA宇宙往復船ミッションに搭乗した山崎(50)は「幼い頃から宇宙に関心が多かったが、当時日本には宇宙人がなかったため、それが私の野望になった」と話した。 国際宇宙ステーション(ISS)。 彼女はDWとのインタビューで「宇宙探査は新しい時代に入り、ISSから月にある施設に移っている」とし「次世代日本宇宙飛行士たちは柔軟でなければならないだろう」と話した。 彼女は「訓練がすぐに順調に進まなければ、他の成功方法を探さなければならない」と付け加えた。

この記事はDeustche Welleによって提供されました。

READ  Gears Of War開発者The Coalition、Unreal Engine 5の最初のデモ公開

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close