経済

日本、東シナ海で一方的なガス抽出について中国に抗議 – レポート

日本外務省を引用、日本メディアは月曜日、日本メディアが東シナ海ガス田の一方的な開発について中国に抗議したと報道したと日本メディアが報道した。

TOKYO(UrduPoint News / Sputnik – 2022年10月3日)日本の外務省を引用して、月曜日の日本メディアは、日本メディアが東シナ海の一方的なガス田開発について中国に抗議したと報じた。

苦情は、東シナ海紛争領土中国側に建設された施設でガス燃焼の兆候が検出された後に発生しました。 船越竹弘日本外務省アジア大洋主局長が駐在日本大使館を通じて中国に抗議したと日本刑務所通信が伝えた。

日本は去る5月、東シナ海ですでに中国が建設した17番目の掘削装置を発見した。 去る6月、東京は新しいガス掘削施設完工について中国に抗議した。

日本は中国が一方的にガス田を開発していると信じており、このガス田は日本と同等に領有権を主張しています。

中国は両国が国境から最終合意に至らなかった地域にガス田を掘削している。 日本は排他的経済水域が排他的経済水域であると主張する一方、中国は排他的経済水域が沖縄海口まで続くと主張する。

2008年、日本と中国は紛争地域に位置する遺伝を共同開発することに合意し、協定に対する交渉を始めた。 しかし、2010年に中国漁船が尖閣列島付近で日本海岸警備隊と衝突した後、中国側が交渉を中断した。

READ  Marketmind:ドラゴンがくしゃみをすると、ヨーロッパでは風邪にかかる

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close